So-net無料ブログ作成

MLB Opening Day 2013 [国内]

y.jpg

現地時間3月31日、日本時間4月1日の朝、MLB開幕です。

MLB、ってなんだって?  Major League Baseballでございます。
今年は開幕前から大きな変革があるシーズンとなりました。

1998年にタンパベイ・デビルレイズ(現レイズ)とアリゾナ・ダイアモンドバックスの
2チームをエクスパンション(増設)して30チームとなったMLB。
ナショナル・リーグ(NL)16チーム、
アメリカン・リーグ(AL)14チームという編成状態、
さらに各リーグ、3つの地区(ディビジョン)に分かれ、
NLイースト5チーム、セントラル6チーム、ウェスト5チーム
ALイースト5チーム、セントラル5チーム、ウェスト4チームとなり、
地区ごとにバラつきがあったわけです。

MLBでは各地区優勝3チーム+ワイルド・カード(勝率上位)1チームがプレイオフに進む。
重ねて昨年からはワイルドカードを2チームにし、
「ワンデイ・プレイオフ」を導入したので、チーム数の不均衡はあまり関係ないのですが、
一応、この不均衡を平らげよう、ということで、
NLセントラルにいたヒューストン・アストロズをALウェストに移行させ、
全地区が5チームで揃う再編成での再発信、というわけ。

一見、揃ったように思えますが、5チームx3地区でリーグ内は奇数となってしまうため、
1チームは常にリーグを超えた「インター・リーグ」で対戦することでコレを解消。
翻って1997年から行われている「インター・リーグ」の期間は廃止です。



各チームの詳細はこちらで執筆中!  B01 地球の歩き方 アメリカ 2012~2013

旧来、リーグを跨いでの対戦は「ワールド・シリーズ」でしか見られなかったわけですから、
この「インター・リーグ」は興行的には大成功、ストライキで離れたファンを取り戻す力に。
それを見て、某国のプロ野球も「交流戦」と銘打ちやりはじめたわけですな。

さて、今シーズンのオープニング・アクトはそのアストロズにスポットを当て、
テキサス・レンジャーズ@ヒューストン・アストロズ。
いちおう開幕戦に敬意を評し、朝からTVにかじりついておりました。

試合内容はさておき、この地区均衡は次なるエクスパンションへの前触れでしょうねえ。
長い間、おな~じチーム数でおな~じ量のパイを分け合うような甘ったるいプロ・リーグとは異なるわけで。
ま、プロ・リーグのエクスパンションに関しては、
NFLの得意とするところなので、折を見て、おもしろストーリーを綴りたいと思っております。



グランドサークル&セドナ アメリカ驚異の大自然を五感で味わう体験ガイドブック

桜が芽吹く中、〆切にもがきながらも合間を見てはテニスに励む毎日でしたが、
先の週末は急遽のドタバタ劇が発生。
というのも、海外からの突然の来客でゴザイマス。

ソウルの定宿=ホステルの元スタッフがこの春、大学を卒業し、
日本のメーカーに就職が決まったのですね。
3月末に来日して、寮に入る、というハナシを先月の訪韓時、聞いたわけです。
「ソウルで会うのが最後かも」ということで彼の地元の駅に出向いて、ご飯食べたりして。
異国での生活、あるいは会社での新生活に不安を隠せない彼でありましたが、
日本人並みに日本語を話せるので、ケンチャナヨ~(ダイジョウブ)といいつつ、
「次は日本で」なんて笑い合い、握手して別れたわけです。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/archive/20130314 (ソウル郊外プチョンの駅前にて)



NFL NBA各チーム紹介執筆中!!  B06 地球の歩き方 ニューヨーク 2012~2013

この時は神奈川県の寮が割り当てられ、
お、うちの県じゃん、でも都内まで通勤大変だ、なんてことを話しておりました。
その後、入寮日が3月30日に決まり、日本にいる韓国人の友達を頼って29日に来日、
その後、寮に向かう、という報告があったのですね。
ところがその友達が年度末で忙しく、独力でなんとかしてね、ということになったようで、
木曜=28日に「到着したら伺っていいですか」というメールが。

まあ、うちはボロ一軒屋で部屋はあるので、困ったらおいで~、とはいってはいたが、
前日告知とはやはりアジア人なのね。
シンガポリアンの友達がいつもそう、酷いパターンだと成田から電話してくるので、
まったく困ったモノなので来るのはかまわないのですが、部屋が圧倒的にキタナイ。

春の陽気の中、仕事の書類と本が散らかるホコリだらけの部屋を慌てて掃除。

空港まで出迎えに行くのはさすがに気持ちが悪い、男同士で抱きついてハグでもあるまい。
スーツケース一個だというし、成田からは自力で最寄の駅までは来てもらった。
クルマでピックアップし、そのまま三浦半島の地魚を食べさせてくれる寿司屋へ。

新鮮な地魚は口にあったようであっという間に満腹。
それにしても魚の名前は韓国語や英語でなんというのやら。
すべての魚に名前がある国はそうそうないのです。
サンマやタイぐらいは韓国にもあるけど、韓国の若者がそんなに魚に詳しいわけではない。
おいしいからOKです、という彼の言葉が正着。



帰り道、近所で夜桜見物とシャレこんだが、暗くてあまり見えず、帰宅。
ホステル時代の夜更かし仲間とはいえ、早朝のLCCで出向いてきたので、
この日は早めに就寝でゴザイマス。

翌日、寮の住所をカーナビに入れ、三浦半島を出発。
前日に暗くて見えなかったサクラを見物、プチ日本観光。
ちょうどいいタイミングにきたね、などといいつつ、満開の木の下で写真を撮ったり。

ナビにインプットした横浜の寮を探し当てるのに迷うかと思ったら、
高速降りてすぐの立地で、我が家から30分もかからずに到着。
13時までに入寮することという縛りに、
横浜市内が渋滞していた困るであろうと早めに出たのだけどね。
横須賀から横浜、40km弱の距離もあまりに近くて二人して拍子抜け。

クルマもあるうちに、ということで、区役所に向かい、外国人登録の手続きをした後は、
幹線道路にあったファミレスでランチ・タイム。
先月、ソウルでご飯を食べていた彼と日本で食事しているのがおもしろい。
メニューにあった『チゲ鍋』『ビビンパご飯』でひと笑い。
「ホントに日本には『チゲ鍋』あるんですね。『骨付きカルビ』はないのかなあ」と韓国人のつぶやき。
(チゲ=鍋、ビビン・パプ=混ぜる・ご飯、カルビ=主に骨付き肉を指す)



現地撮影の写真も掲載中!  B03 地球の歩き方 ロスアンゼルス 2012〜2013版

寮に荷物をぶち込み、引越し完了。

さすが有名メーカーだけあり、寮は大きく、賄い、大浴場まであり、部屋も家具備え付け。
ないのはTVとネット環境ぐらいで、こちらの出番はほぼナシ。
特に手伝うことや買出しも必要なくて、荷物を放り込んで別れを告げた。

そこから彼は日本での一人の時間がはじまる。
といっても彼は「日本語」で高麗大学に編入したほどの秀才。
ニホンゴもキレイな発音でベラベラ。

英語もできずにシンガポールにいったどこかのバカとは大違い、心配ないか。


↓ クリックしてぶろぐ・らんきんぐをチェック!   ↓
★人気ブログランキングへ★




[生活応援米!] 農家直米 白米

母の日ギフト 誕生日 フラワー アレンジ アレンジメント フラワーボックス
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

まだ遠い春の足音 from Seoul [South Korea (Seoul)]

IMG_5774.jpg

8日間の滞在も気がつけば帰国日です。

あいかわらず言葉もわからず、文字も読めない国。
そのかわり、道行く人のムダバナシも、地下鉄のケイタイデンワも、
隣のテーブルのデカイコエも、カフェのケンソウも気になりません。

こうなると、わからないのがアドバンテージ。

異国の空気にドップリ浸ることができて、
滞在中の数日はストレスフルな日本の生活から完全に切り離されています。
「こちらでよろしかったですか」「コーヒーになります」「~させていただく」・・・、
気持ち悪くイラ立つ言葉を聴かなくてすむのが大きいかな。

ちなみに最近、メールなど文章上で「が」の使い方のおかしい人が増えていて、
こいつも気持ちが悪いことに拍車をかけている。
いうまでもなく、TVから溢れ出すヘンなニホンゴが根源。

幸い、スマートフォン「が」持っていないので、日常生活からは完全離脱。
といいつつ、ラップトップは持参「させていただいて」いるので、
メールやSNSからは離れられてはいない。

ネットから離れられないのはもはや現代病、
「ネットにアクセスしてよろしかったですか?」。

IMG_5825.jpg

さてソウル、春らしさはまだカケラもないんですが、
今日はホワイト・デイということで、各所でキャンディ、お菓子の大安売り。
カフェや地下鉄でもキャンディ・ボックスを持った女性や、
小さな花束持ったカップルの女のコを見かけます。
そういう姿も異国の雰囲気を割り増しにしてますね。

春といえば、このところ、宿に戻ると毎日イチゴと顔を合わせます。
スタッフやら、お客さんやら、誰かしらが買ってくるようで、
キッチンのテーブルに連日、山盛りにされてる。

こちらではイチゴが安いので、気軽に買ってこ「ら」れます。
旅行者でも気軽に食べ「ら」れますしね。
でもパックが日本の3倍ぐらいデカイので持て余すんでしょうね。
「痛んじゃうので食べて食べて」といわれ、ご相伴です。

一人暮らしは普段、果物なんか買わない。
あいつはメシの助けになりはしないので、こちらの生活はなんともヘルシー。

コギ・ブッフェ(セルフバー)でたらふく食べたり、
ヨンヤンパプ(蓮の葉ご飯・写真1)を食べに出向いたり、
そして今日はシメとばかりにヒラメの刺身(フェ・写真3)をやっつけたり。
ご存知、韓国では何処も彼処も付け合せの野菜がドッチャリ登場します。

刺身ですらサンチュやケニプ(エゴマ)に包み、ミソやニンニクを包(くる)んで食べる、
さながら焼肉と同じスタイルです。
果物にしろ、肉にしろ、刺身にしろ、普段の7倍ぐらい菜っ葉を食べ、
付け合せのパンチャン(ナムルなどのおかず)もおかまいなしでオカワリして、
なにしろ野菜に埋もれて過ごしてます。
どうしよう、健康になってしまう。

ちなみに出発前、忙殺され、ストレスで胃をおかしくしたのか、唇の上下に口唇ヘルペス、発症。
治りかけの瘡蓋(カサブタ)状態で出発となったのですが、
サンドイッチにかぶりつくと、治りかけの傷が裂け、
パン生地を紅に染めるという状態でした。

ま、それもソウルの生活で回復回復。
メンタルもフィジカルも改善改善、の日々です。

IMG_5814.jpg

火曜日の午後から雨が降り、水曜日は一日雨。
雨のせいで今日木曜日は肌寒さが戻ってきました。
20度を超える日もあって、さすがに3月、マイナス気温ともおさらばなのね、と思ったら、
「明朝の最低気温はマイナス1度」と宿のスタッフがニヤけて教えてくれました。
こっちが明日朝、帰ることを知っていて。

今回は2日綴りで猫の目のように天候が変わります。
そんななか、猫の額のようなホステルの狭い部屋で気楽に過ごし、
野良猫のようにあてもなく近所をうろつき、きままな日々を過ごしてます。

ああ、旅行者とはなんて非生産的な存在よ、もはや猫以下かもしれない。



↓ ワンクリックでランキングチェック!! ↓
にほんブログ村「海外一人旅」ランキング




nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

少しだけ春の足音 from Seoul [South Korea (Seoul)]

IMG_5751.jpg

週明けのソウルです。

到着日の金曜、そして土曜とソウルは20度を越えるバカ陽気。
土曜日はホステルの別棟のハノク(韓屋)の改装を手伝ったりしてたんですが、
(旅行者のクセにナニしてる?)
Tシャツで動いていても汗ばむほど。

日曜に寒さが戻り、月曜もそれの続き。
とはいえ、街ゆく人にマフラー、手袋姿は見受けられず、
今年のキビシかった冬は越したかな、という感じ。

3月を数え、ソウルの人たちも激しかったこの冬を早く振り払いたいのかも。
天気予報もようやくマイナス数字から開放されたみたい。

この寒さのせいじゃないでしょうけど、黄砂に煙っていた街なかもひと心地。

なにせ金曜の仁川空港ときたら、雪でも降ったかのように空が真っ白で、
空港鉄道を乗り継いで降り立ったソウル駅も煙った空に抱かれてました。
翌日、そいつが福岡に行き、その後、関東に流れたみたい。
ソウルにて流行先取り、ダレもいらないか、こんな先取りは。

さていつものように市内が混み合う週末は出かけもせず、
近所でランチを済ませ、カフェで読書にふけり、
夜はお気に入りの「チャムチ・キムパプ」をテイク・アウトして、
部屋で済ませたりとうきままな過ごし方。

長逗留とはいえ、旅行者としてはあいもかわらず罰当たりななにもしなさっぷり。

IMG_5804.jpg
一枚目は出前のキムチ・ポックンパプ。玉子が乗っていて、さながらオムライス

さすがに気がひけて、本日月曜は積極的にお出かけ。
某SNSで知り合いにンなった方とランチに出向き、
鐘路で「サンパッ」のランチ。
夜は行列の人気食堂も昼はガラガラ、ランチタイムをはずしたのが正解でした。

その方と別れ、宿の近所で伸びきっていた髪の毛をカット。
地元のヘア・サロンですが、オネエサンが覚えていてくれたらしく、
「この前から2ヶ月ぐらい経つ?」と言いながら、同じスタイルでカットしてもらった。
とはいえ、いわれた言葉は韓国語なので、90%想像で補った会話なんですけどね。

IMG_5763.jpg
この冬ハマっているスジェビ、温くて安くて素敵な味方

ヘアカットは10,000wが12,000wにあがっていて、
先の「サンパッ」も6,000wが7,000wに。

春風の前に、未だインフレのキビシイ風が吹いているようです。




追記情報;

ホステル・コリアは別棟に韓屋を有してます。
古い韓国スタイルの部屋に泊まってみたい方、
ぜひともHPをチェックしてみてください!
http://www.hostelkorea.com/
鐘路の大通りを挟んだところには系列店のHK6、HK10が新規営業中。

こちらは元モーテルを全面改装した作りで、ツイン、トリプルがメイン。
広い部屋で荷物を広げたい方に向いてます。

東大門周辺は人気沸騰、ホテルを押さえるのが難しくなっているそうですが、
徒歩3分の新設洞駅(1,2号線)、徒歩5分東廟駅(1、6号線)という
ロケーション便利なホステルはいかが?
目の前の通りには2006番の空港リムジンも停まります。
E-martまで徒歩5分、Dootaエリアまで徒歩15分ほど、
終電逃しても歩いて帰ってこられますよん。

別にホステルからなんにももらってないけど、
日本人旅行者が増えない、と嘆くスタッフに代わり、記してみました。



Agoda(右のバナーです)、楽天トラベルにもUPされているそうなので、
そこからならポイント貯まりますね!



↓ クリックしていただけると、励みになります↓
★人気ブログランキングへ★



nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。