So-net無料ブログ作成
Thailand (Maeklong) ブログトップ

誘拐 @Maeklong [Thailand (Maeklong)]

IMG_2412.jpg

メークロンの町は小さく、あっという間に歩きつくしてしまった。

市場をはずれ、近くにあった寺院にも足を伸ばしたが、
観光地ではないため、それほど見るものが乱立しているわけではない。

歩いてみてわかったのだが、
メークロンの市場は元来、
大きな屋根に覆われた部分に限られていたのだろう。
それが拡大し、店を出す場所を求めて、
市場に沿うように走る線路上にも膨張していったようだ。

こちらの人らしいアバウトさで、
「線路の脇にスペースがあるわさ」ということで、
線路脇にも店を出すのが通例になったのだろう。

市場から線路を越えた向こう側には大きな通りがあり、
そこには商店が軒を連ねているので、
あるいはその間を通る線路脇を埋めるかのように、
上手に利用するようになったのかもしれない。

ちょっとした隙間があったので、店出しちゃうもんね、
というきわめてアジア的な感じで展開した風景だったのです。

IMG_2349.jpg

市場も歩きつくしてしまい、帰りを決めた。

だが帰りのロトゥー乗り場を探さなくては。
来るときは唐突に町で一番大きなロータリーで下ろされただけなので、
帰りの乗り場もわからないし、
町歩きでそれに関する案内を見つけたわけでもなかった。

乗り物のことは運転手に聞け、という法則はないが、
トゥクトゥク乗り場にいた運転手に声をかけた。

「ロトゥ~、バンコ~ク?」

「アッチだろ?」

彼は事情がよくわからないらしく、トラックやバンが止まっているほうを指差した。
その方向に歩き、たむろしていたバンの運転手に声をかけた。

「バンコク行き? クルンテープは?」

「え?」

「バンコックだよ」

「バンコク? おい、バンコック行きどこだ?」

え~っと、こちらが聞いているんですが。
どうやらここのロトゥーはメークロン近郊のローカル用らしく、
運転手同士で、確かめ合っている。

IMG_2403.jpg
このブログ 今何位か見てみよう!

「こっちこいよ、ついて来い」

答えを見つけたらしい一人の運転手が案内役を買ってくれた。

「ここじゃないんだ。たぶん、アッチだ」

角を曲がると歩道には、バイクタクシーの運転手が座って休憩していたl。
二言三言話しかけるとバイクタクシーの連中が口々に次の交差点を指差している。
彼も正確にはわからないらしく、彼らに聞いてくれたようだ。

「ああ、あれか。あの角の向こう側だ」

「行ってみるよ。ありがとう、コップンカー、あ、コップンクラップか」

両手を胸の前で合わせ、丁寧に礼をいった。

「いいんだ、気をつけて。サ~ヨナラ~」

こちらの礼に合わせて、日本語が彼の口から飛び出した。

IMG_2411.jpg

「オウ、サヨナ~ラ~」

「ジャパン、サヨナリ~」

バイクタクシーのドライバーが笑いながら、はやしたてる。
言えてないのもいるし。
なぜか、大勢に見送られ、ニギヤカな声を後ろに、
ロトゥー乗り場に向かった。

旅先では案内板を見るよりも地図を広げるよりも、やっぱり「人」だ。


↓ 「一人旅」部門奮闘中! ↓クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
にほんブログ村「海外一人旅」ランキング


nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スクール・デイズ @Maeklong [Thailand (Maeklong)]

IMG_2406.jpg

電車が去ると、市場はいつもの姿を取り戻していた。

隠れてしまった線路に別れを告げ、先ほどの屋台に戻る。
調理姿を撮らせてもらおうと狙っていたのだが、
発車時刻が来てしまい、チャンスを逃したのだ。

「写真撮らせてね」

次々入る注文をさばき、
鉄板の上では手際よく調理が続いていた。

IMG_2365.jpg

「また、来たのかい?」

「料理を作っているところが撮りたくてね」

「こんな普通の料理なんか撮ってどうするのさ」

「あはは、ついでに作り方を覚えて、日本で作ってみるんだよ」

会話が成り立っていたかはわからないが、
「日本で作ってみる」というところは通じたらしく、
ヘンなことをいう日本人が可笑しかったのか、
店の人たちは大いに笑っていた。

熱くなった鉄板の上に多めの油を引き、
細かく刻んだニンニクとショウガを炒める。
牡蠣を中心にした魚介類を入れ、申し訳程度の野菜も。
さっと火を通したら、水で溶いた小麦粉を上からかけ、混ぜる。
生地状になった小麦粉の上から油を回し、張り付く前にかき混ぜる。
仕上げに刻んだショウガを炒め、絡めれば、それで完成だ。

「OK! これで日本で作れるよ」

一部始終を見終えた後、声を上げていうと、
店のみんながまた声を上げて、笑った。
信じてねえな?
「人は食べたことあるものは作れるはず」なんだよ。
どこかの著名人が記していたぜ。

あれ?
「食べたことがないものは作れない」だっけ?
だとしたら、全然違うな。

IMG_2410.jpg
このブログ 今何位?

笑っているみんなを尻目に、
店のオヤジサンだけは傍らにやってきて、
料理の説明をしてくれた。

「これがパッ・タイ、これがホイ・タッド、これがXXX」

タイ語がわからないので、ろくすぽ聞き取れない上に、
この地方の訛りも重なって、まったく耳に残らなかった。
それでもテイクアウト用に作られた料理や、
下ごしらえされた素材を一個一個指差して、
説明してくれる好意がうれしかった。

屋台のカンバンには店の名の横にオバチャンの写真があった。

IMG_2408.jpg

「この人は奥さん?」

「いや、おれのおかあさんだよ」

オヤジサンはカンバンのタイ語を指差す。

「『ホンばあちゃんのパッ・タイ屋』と書いてあるんだ」

どうやら「ばあちゃん直伝の味」の店というわけね。
それでお母さんの写真がカンバンにのっているらしい。

「ばあさんは天国だけどね、味は残っているのさ」

そういうと笑顔で空を指差した。


↓「旅行」部門、躍進中! ↓ クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
BS blog Ranking


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

キャッツキルの鷲 @Maeklong [Thailand (Maeklong)]

IMG_2390.jpg
IMG_4900.jpg
IMG_2393.jpg
IMG_2395.jpg
1496925051twQ0BJ4uivLbVob1496925049.gif
IMG_2397.jpg
IMG_2399.jpg
IMG_2400.jpg

列車が右の肩口から市場に入っていた。

数十メートル手前の駅から動き出しているので、
さっきよりも速度が緩い。
市場の人たちは売り物を乗せたカゴや日よけを支える棒を片手に、
ジャマな列車が通り過ぎるのを待っている。

地面から見上げているといつもの列車も巨大に感じる。

列車が去ると線路の上はまた市場の一部になってしまった。
夕食の買出しに忙しいおばさんはもう品定めをしているし、
店の人は野菜が熱い陽気に負けないように水を振っている。

観光客には風変わりな光景も毎日繰り返されていることなのだから。


↓ブログ・ランキングに参加してます↓クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
★人気ブログランキングへ★


nice!(29)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ダブル・デュースの対決 @Maeklong [Thailand (Maeklong)]

IMG_2382.jpg

踏切の警笛音が鳴り響いた。

店の写真を撮らせてもらったり、
撮った写真をみせて笑いあっている間に時間は過ぎ、
発車時刻の5分前になっていたのだ。

駅のまん前に踏切があり、遮断機が下りていくのが見える。
店はその踏切の通りに面していた。

踏切から市場に入り込み、カメラを構えた。

IMG_2383.jpg
IMG_2384.jpg
IMG_2387.jpg
IMG_2388.jpg
IMG_2389.jpg


↓ 「旅行」部門 奮闘中! ↓ クリックしていただけると、書き手の励みになります ↓
JRANKブログ

nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スターダスト @Maeklong [Thailand (Maeklong)]

IMG_2377.jpg

日陰のテーブルから店先を眺めていた。

日が高い2時に近い時刻なのに、
テイクアウトを買い求める客が切れない。
人気の店なのだろうか。

頼んだ料理がやってきた。

小麦粉を溶いたものが野菜や貝やイカと炒められている。
貝の旨みが出ていて、絶品。
人気の秘訣はコレか。

IMG_2410.jpg

食べながら「アローイ、アローイ」を連発していたら、
店のみなが笑っていた。
おいしいいもの食べたら「おいしい」っていわないとね。
でもまあ、声に出して食べている外国人は奇妙以外のナニモノでもないか。
店のオバサンなんか声上げて、笑っているもの。

料理の名前を聞いた見たものの、勘どころをつかめない。

ホエイ・ター?
あとでネットで調べてみたが、正体不明。
どなたかお詳しい方がいたら教えてください。

正体はもんじゃ焼きを油で香ばしく炒め、
薄く塩コショウで仕上げた感じ。
これはかならず日本人ならオイシイと思える一品ですよ。
魚介の旨みが出てますしね。

IMG_2407.jpg
★このブログ 今何位?★

おいしさにも感動して、働いている人たちを写真におさめた。

はじめは照れくさそうにしていたけど、
撮れた画像をみせてあげると、
うれしそうにゲラゲラ笑っている。

「アンタ、ナニ人?」

「ニホンジンでーす」

「こんな写真撮ってどうするのさあ」

IMG_2405.jpg

こちらをからかって、照れ隠し。
働く姿を撮られることなどないのでしょうね。
こういうとき、その場で見せられるデジカメは楽しいです。

「コーラ、もう一本クダサイ」

グラスいっぱいの氷から白い冷気が立っていた。


↓「旅行」部門 奮闘中! ↓クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
FC2 Blog Ranking

nice!(23)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ペイパー・ドール @Maeklong [Thailand (Maeklong)]

IMG_2372.jpg

列車の出発時刻まで、待ってみることにした。

海が近い町だが、熱さがキビシイ。
時間的にも一番熱い時刻、
市場もひと通り歩いてしまい、
時間つぶしに町歩きを続けようかとおもったが、
すでに全身が汗まみれだった。

すぐにでもシャワーに飛び込みたい気分だ。

熱さしのぎに遅めの昼飯を取ろうと涼しげな店を探すが、
都合よくエアコンの入った食堂などない。
さすが田舎町。
市場のハズレに並んでいた屋台に決めて、
店を眺めながら歩く。

その間も汗はひっきりなしに出てくる。

IMG_2374.jpg

なにを食べるか考えながら、眺め、歩いていると、
地元の人がテイクアウトの行列を作っている屋台があった。
こういう店に決めるに限る。

歩道に並べられたテーブルで、
日陰にあるやつはすでに他の客で埋まっていた。
日向のテーブルに腰掛けるや、オヤジさんに叫んだ。、

「とりあえず、コーラ!」

オヤジさんはグラスにたっぷりの氷を入れて、
ビンのコークを持ってきてくれた。
コークと解けた氷と炭酸が汗まみれのカラダに染み込んでいく。

田舎町のオアシスでシビれているとオヤジさんが呼ぶ。

「こっちに座りな~」

タイ語はわからなかったが、
テーブルを片付ける素振りで、それとなく促されているのがわかる。
日陰のテーブルが空いたので、
汗まみれでパクパクあえいでいた外国人を助けるべく、
手際よく片付けてくれたのだ。

IMG_2375.jpg
このブログ 今何位?

「コップンン・クラー(ありがとう)。
ローン・カ~(とてもあっついね~)」

「だろ? だから、ほら、日差しがあるコッチに座りな」

こちらのタイ語はブツギリ単語だが、
オヤジさんは陽気に答えてくれる。
もっとも彼が語っている部分は身振りから察した想像だが。

歩道と車道に間に置かれた屋台では、
マスクをつけたオネエサンが、手際よくフライ返しを振り回している。
熱せられ、煙の立っている油のニオイが香ばしい。

「パッ・タイの店?」

オヤジさんは頷いている。
パッ・タイはタイ風の焼ソバ。
日本のもののようにくどいヤツでなく、さっぱりした感じの麺料理だ。

となりの客はヤキソバとは違うナニかを食べている。
そういう料理もあるのね。
なんだかわからないけど。

「オヤジサン、あれ、チョウダイ」

向こうを指差すと、オヤジさんは通る声でオーダーを告げた。

IMG_2404.jpg

シンガポール時代に身についた習性か、
どういうわけか、熱いと食欲が増す。
熱いときこそ、脂っこいモノが食べたくなるのだ。
夏バテってなんだ?

スキキライがないことは旅先の大いなる助け、こればかりは親に感謝。


↓ 「旅行」部門 奮闘中! ↓クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
ブログのランキング★ブログセンター

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

プロフェッショナル @Maeklong [Thailand (Maeklong)]

IMG_2353.jpg

笑いをこらえるのが大変だった。

列車が通り過ぎたあと、市場は元の姿に戻り、
なにもなかったかのように客は店を巡り、
店は呼び込みの声を上げている。

狭い路地に大きなトラックでもやってきたかのようで、
通るならしょうがねえなあ、という体で店先を片付け、
通り過ぎたら元通り。
列車が通り抜けた気配など微塵も残っていなかった。

IMG_2354.jpg
このブログ 今何位?

通り過ぎた列車のことなど誰も気にしていないのが、
やけにおかしかった。

そそくさと店先の品物を片付け、
てきぱきと天幕を折りたたむ姿は手馴れていて、
その素振りはまるでマンガだ。

でも実際には手も触れん距離に列車は走り、
地面から列車を見上げていると、
野菜や生魚の数センチ上をテカイ車体が通り抜け、
車体が起こした風が生花を揺らし、果物を撫でていったのだ。

風変わりな光景に笑いがおさえられなかった。

市場の人と目を合わさないよう、
噴き出しそうな口元を押さえ、
そそくさと列車のあとを追うように歩いた。

IMG_2352.jpg



市場を背にして左手、西の方角に列車は停まっていた。

そこは行き止まりの駅。
外国でよくあるタイプのスイッチ・バック形式の駅、
すなわちメークロンの駅だ。

この路線はバンコクから西へ伸びているタイ国鉄のローカル線、
「メークロン線」と呼ばれていることから、
ここが終着駅なのかもしれない。

IMG_2355.jpg

プラット・ホームもない出入り自由の駅に歩みを進めた。

市場をすり抜けた車両は日本製、
ドアや車内には日本語の表示やプレートがそのまま残されていた。
気の早い客がもう席についている。

古ぼけた時刻表を時刻に合わせてなぞってみる。
さきほどの入線は13:30、
こいつがそのまま14:30に出発するらしい。

一時間待てばもう一度、コミカルなシーンを観られるじゃないか。


↓ 「一人旅」部門奮闘中! ↓クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
にほんブログ村「海外一人旅」ランキング

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

晩秋 @Maeklong [Thailand (Maeklong)]

IMG_2340.jpg
IMG_2341.jpg
IMG_2343.jpg
IMG_2345.jpg
IMG_2346.jpg
IMG_2347.jpg

列車は当たり前のように通り過ぎていった。

市場の人たちはジャマモノでも去ったかのように、
矢継ぎ早に日よけを広げ、品物を線路脇に並べている。

線路はまた元の市場の姿に戻っていた。


↓「旅行」部門、躍進中! ↓ クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
BS blog Ranking
三ツ星トラフィックエクスチェンジでアクセスアップ!

nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

初秋 @Maeklong [Thailand (Maeklong)]

IMG_2330.jpg

日よけは手際よくたたまれていった。

号令でもかけたかのように、
無言でしまいこむと、それぞれがそそくさと店に戻った。

線路の上はアッという間にきつい日差しにさらされた。

すると・・・


IMG_2331.jpg
IMG_2334.jpg
IMG_2335.jpg
IMG_2336.jpg
IMG_2337.jpg
IMG_2338.jpg
IMG_2339.jpg

↓ 「旅行」部門 奮闘中! ↓ クリックしていただけると、書き手の励みになります ↓
JRANKブログ
オリジナル画像はコチラ↓の「Stocks」欄にUPしてあります。
写真素材 PIXTA

nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

真相 @Maeklong [Thailand (Maeklong)]

IMG_2362.jpg

呆気なく、目標の線路と出会ってしまった。

とはいえ、これが「あの」線路なのだろうか。
線路の上にはおかまいなしに品物が並べられ、
店が広がっている。
見渡すでもなく、ここが「あの」線路だ。

「メークロン市場」といわれてもピンと来ない人は多いだろう。

「タイ」の「市場」が「線路」の上で商売していて、
「電車」が来ると「店じまい」して、
ギリギリ「数センチ」を「列車が抜けていく「市場」。

TVなどで観たことがある人は多いのではないだろうか。

その奇妙な光景を観たくて、やってきたのですね。
残念ながら線路を探す「鉄ちゃん」ではありませぬ。

IMG_2401.jpg

線路の上だか、市場の店先だか、わからないところを歩く。
実際にはその両方なんですが。

日よけのテントが大きくせり出し、線路を覆っている。
即製のテントは低くて、
腰を曲げて歩かないとしたたか頭を打ちそうだ。
店先の品物は上手に線路を使い、並べられている。
線路はもう使われていないかのような扱い。

田舎町のせいか、大きな店というより、
行商のおばさんがチョコンと品物を並べていたり、
家族で惣菜を裁いていたり、小ぶりな店が多い。

品揃えや働く人たちの景色は、
さっき歩いていた市場となにも変わりがない。
あるとすれば、枕木と線路で歩きづらい足元だけだ。

IMG_2415.jpg

子供の頃、まだ国鉄だった横須賀線の線路に入り、
遊んでいた頃を思い出した。
あの頃は線路に入ることもそれほど規制されていなかったし、
場所によっては線路を横切るほうが近道で、
大人も重宝して線路を渡っていた。

メークロンの陽気は一番暑い時間帯に差し掛かり、
さながら子供時代の夏休みにも思えてきた。

日よけはあるものの風が抜けないため、かなり暑い。
180cmを越える身は、腰を曲げて歩くことを強いられるので、
割り増しで汗が噴き出してくる。

IMG_2378.jpg

次々、繰り出す小粋な光景にシャッターを切りまくっていると、
市場が急に慌しくなった。

店番をしていた人がワサワサと動き出す。

店先の線路に置かれた品物を仕舞いはじめ、
狭い線路上を覆っていた日よけを畳む。
あれほど緩慢でのんきな雰囲気だった市場が急に慌しくなった。

これって・・・


↓登録するとプレゼントが!↓クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
ブログ☆ランキング投票!プレゼント付!
無料アクセスアップ オレンジトラフィック

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

歩く影 @Maeklong [Thailand (Maeklong)]

IMG_2327.jpg

ロータリーの横には古びた観光地図があった。

バンから降りると、イキナリ地図があったので安心しかけたが、
地図はその地方の見所を記してあるだけだった。
町の探索にはなんの役にも立たないシロモノだ。

目的は線路。

闇雲に歩いていれば、どこかで線路にぶち当たるだろう。
目の前に連なる市場に気を引かれ、露店沿いに歩き出した。

IMG_2350.jpg

小さな町ながら、市場は元気でニギヤカだ。
線路を探すことも忘れ、店先にカメラを向けた。

ひょっとするとご存知かもしれないが、
ここ、メークロンに来たのは、
線路の上に展開する市場がみたかったのだ。
電車が来る、とわかると
線路の上に広げられた市場の品々を片付け、
日よけをたたむと、
その真横、数センチを列車のボディが抜けていく。

その風景を見たくてやって来たのだ。

肝心の市場は見つかったが、
ここがその市場かどうかもわかっていない。
なにせ「メークロン市場」という名称しかわからないのだから。

ロトゥーのドライバーが「メークロン」と言い放った場所で降りて、
その目の前の市場で「ここはメークロンですか?」
と聞くのはあまりにもマヌケだろう。

線路ならいつか出会う。
みつからなければ、小さな町を歩きつぶせばいい。

IMG_2328.jpgこのブログ 今何位か見てみよう!

バンコクからバンで60分、
50kmぐらいはやや南に走ってきたせいだろうか。
バンコクにも増して、熱い気がする。
あるいは海が近いからか。

すっかり高くなった日差しから避けるように、
屋根のある市場に入り込んでみた。

蒸し暑い市場はファインダーを覗いているだけで汗ばんでくる。

海の恩恵で、日本人にもなじみのある海産物が市場を彩っている。
売り物におかまいなしに日が当たっているのがタイ流かな。
生ものだろうが、海産物だろうが、
日向だろうが、そんなことはお構いなしなのだ。

IMG_2366.jpg

小さな田舎町なので、観光客など来ないのだろう。
店先の品物にピントを合わせるヘンな外国人を
店の人はおもしろそうに見ている。

「アンタ、そんなの撮ってどうするのよ」

タイ語はわからないが、そんなニュアンスで声をかけられる。

「じゃあ、オバチャン撮らしてよ」

とレンズを向けると、たちまち照れくさそうにかぶりを振る。
お茶目だけどシャイなところがタイの人。

市場をさらに奥に進むと、そこに線路が敷かれていた。


↓ブログ・ランキングに参加してます↓クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
★人気ブログランキングへ★

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
Thailand (Maeklong) ブログトップ