So-net無料ブログ作成

11・12月の「毎月ソウル」 @Seoul [South Korea (Seoul)]

IMG_7302.jpg

旅はフライトの前日からはじまっていた。

その原因は国際線開業で大騒ぎとなった羽田路線、
そのチケットが値崩れしていて、
それを買い求めたからだ。

安いものには理由があり、
安い航空券というやつは大概、時間帯がよろしくない。
現地ですぐに活動できるような時間帯のフライトは、
自国の航空会社がおさえ、
ビジネス・ユースの上客にそのチケットは流れる。

それが高かろうが「経費」という名の財布が払ってくれるのだ。

発着枠を増やした羽田も好条件のチケットはすこぶる高く、
早朝便や深夜便は投売り状態で出回っていた。
その安い航空券に手を出してみたのだ。

実質、国内線の隣に作られた新しい空港を見たかったこと、
羽田空港からの国を出たことがなかったこと、
大韓航空の搭乗と、ハツモノを連ねてみた。

IMG_7188.jpg
enaトラベルなら空席もカンタン検索!ツアーも!航空券も!

条件だけ見ると、朝早く空港に行けばいいんでしょ、
ということになるのだが、
その空港に「行く」ことができない。

早朝のフライトに合わせたローカル・アクセスがないのだ。

羽田空港に乗り入れているモノレールや京浜急行が、
始発を早めるでもなく、
リムジンバスが早朝便に合わせ、臨時便を出すでもなく、
飛行機は飛ぶくせに空港まで行く手段がない。

航空会社や代理店に聞くと「タクシーですかねえ」と、
工夫もないご回答。
そんなところは彼らのかまうところではない。

政治家は新しい滑走路にハブ化、ハブ化と騒ぎ、
TVメディアはキレイな空港ビルやロビーにはしゃぐだけ。
誰も空港へのアクセスが整っていないことを批判しない。

チケットを買う前にアレコレ調べた。
エアポート・ホテルに泊まるなら、成田発のチケットのほうが安い。
神奈川県の南端からじゃ、タクシーは論外。
ファミレスで徹夜しようにも、空港周辺の駅にファミレスがない。

IMG_7207.jpg
enaトラベルならクーポンで割引!ツアーも!航空券も!

で、結論。

蒲田のマンが喫茶で仮眠。

これが一番安くて、確実な方法。

景気有価股から始発を拾い、早朝便に駆け込む。
ちなみに鎌田発食う広域の始発は5:39。
羽田着は当然、6:00を回る。

こういう場合、航空会社にチェックインに遅れる旨を、
あらかじめ伝えておくのがコツ。
「XX時の電車で行く」と詳細まで伝えれば、
「NO」という航空会社は少ない。
これ、ツアー・コンダクター時代に覚えたワザです。

ヨーロッパ便などは成田9時発、なんてやつもありますからね。
そうなると、神奈川のハジッコからは始発でも間に合わない。

IMG_7300.jpg

ということで、11月24日、
フライトの前日から、荷物持って、出発なのです。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-11-25 (オンタイムの記事)

終電に乗り、まずは京急蒲田への旅路。


↓ブログ・ランキングに参加してます↓クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
★人気ブログランキングへ★


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。