So-net無料ブログ作成

乗れ!地下鉄 @Bangkok [Thailand (Bangkok)]

IMG_5451.jpg

買ってきたTシャツを部屋に置いて、また出かけた。

コットンのTシャツは1枚150B。
日本円にして500円弱、
黒の柄モノで、羽織ったシャツの下に合う。
古いシャツは捨てたので、明日からの即戦力要員だ。

「オジサン、2枚買ったら、まける?」

「う~ん、2枚なら、260Bかな」

「200は?」

値切るときの常道手段はまとめ買いだ。
1つじゃ値切りゼロでも、2つとなると話しが変わる。
たとえ、定価がついていたとしても、だ。

IMG_5454.jpg

「200? それはムリだね」

値切りに大して「ムリだ」というのはよくある答え。
とはいえ、このオヤジサンの回答は本当にムリそうだった。
200という数字を聞いて、急に興味をなくしたのだ。

300Bのものが200Bというのは値切る側にもムリがある。
450円を300円にしろ、といっているのだから。

「じゃあ、250ってのは? もちろんキャッシュだけど」

「250ならいいよ、持って行きな」

ということで交渉成立。
数百円のものだが、カードで支払う客もいるので、
「キャッシュ」という言葉は念押しになる。
商売人にはイチバン強い言葉かもしれない。

たかが50B(1B≒3円)、
「150円を値切るなんて、アホらしい」と思うかもしれないが、
この国ではその50Bでランチが食えて、
併せてコーヒーを飲むことができる金額なのだ。

IMG_5455.jpg
このブログ 今何位?

高架線のBTSに乗り、地下鉄MRTに乗り換える。

ホテルで「バカデカイスーパーのあるところ」と尋ねたら、
「MRTで『ラマ9世駅』まで行くといい」といわれ、
そこを目指すことにした。

BTSには『スカイカード』というチャージ式のICカードがある。
街歩きには必携の品だが、
こいつはMRTでは使うことができない。
一方、MRTにはプリペイド式のカードがあるのだが、
こいつはBTSで使えない。
どちらも共通で使えないという便利っぷり。
このあたりがさすがタイ。

IMG_5400.jpg

MRTのチケットはICチップ入り。
プラスティック製のコインの形をしていて、
まるで子供銀行の通貨みたいだ。

2つ先の駅まで18B、気兼ねなく街歩きできる金額。




↓ 「旅行」部門 奮闘中! ↓ クリックしていただけると、書き手の励みになります ↓
JRANKブログ


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。