So-net無料ブログ作成

赤い波と人の波 @Seoul [South Korea (Seoul)]

IMG_4747.jpg

「赤」と「人」が道路を埋め尽くしていた。

片側4車線もある幅の広い車道はすべて封鎖され、
赤いTシャツをまとった人で埋められている。
その両脇の歩道も座った人たちで詰まっていた。

ところどころ空いているスペースがあり、
後から来た人たちが目ざとくその場所に潜り込むが、
すぐにあきらめ顔で移動していく。
そう、その場所からは大型ディスプレイが見えないのだ。

IMG_4758.jpg
このブログ 今何位?

車道に座る人たちは立錐の余地もなく、という感じではなく、
それぞれがくつろげる程度のスペースを確保している。
リビングでテレビを観るかのごとく。

声をかけて、カメラを向けると笑顔で手を振ってくれる。

この人の数のなか、彼らは何時からここに来て、
何時から座って待っているんだろうか。

これだけの人がいるにも関わらず、
押し合ったり、揉み合ったり、
動けなくなるほどの混雑がないのがスゴイ。

要所要所には警察官が規制線を張っていて、
手を繋いでいる「警察官の鎖」が、
座っている人と後から来た立ち見客との境界線だ。
その警察官も額に汗しながら、ディスプレイを眺め、
キックオフを心待ちにしているのが微笑ましい。

警官の規制がなしでも、集団は馴れた感じで、
混乱なく整然としているのが不思議な光景だ。

IMG_4765.jpg

人が行き交う即席の舗道では、
小さな子供の手を引いた老夫婦が歩いている。

初夏の夕涼みに孫を連れて出てきました、
という感じのハラボジ、ハルモニ(おじいさん、おばあさん)。
日本で例えるなら、近所の盆踊りにでも出向いてきた雰囲気なのだ。

老夫婦に限らず、親子連れ、家族連れがとても多い。
パブリック・ビュー^とは縁遠そうな高い年齢層が多いのに驚かされる。

日韓ワールドカップにはじまった市庁前のパブリック・ビューは、
ドイツ大会やWBC(この時もすごかったらしい)を経て、
すっかり市民権を得て、馴染みのイベントになったのだろうか。

IMG_4716.jpg

アスファルトの上に長い時間座るための用意がいい人、
クーラーバッグ抱えて、小銭を稼ぐ人、
応援グッズ片手に楽しそうな子供の手を引いて歩く人。
ワンセグの画面を観ながらキックオフを待つ人。

それにしてもいったい何万人いるんだ?


↓「旅行」部門 奮闘中! ↓クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
FC2 Blog Ranking
三ツ星トラフィックエクスチェンジでアクセスアップ!

nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 18

コメント 2

opas10

これだけの人が集まっていながら、警察官も警備についていながら、全然殺伐としてないですね。警官も楽しもうとしているのがいいです。
by opas10 (2010-09-19 10:38) 

delfin

>opas10さん

コメントありがとうございます。

そうなんですよ、たぶん4~5万人はいると思うのですが、
「飄々」というか、みな馴れているんですよ。
押し合いとかなく、「楽しみましょう」という感じがひしひしと。

一応、形では警察官が規制してますが、
ホトンド出る幕無し、って感じで一緒に試合観てましたよ(笑
by delfin (2010-09-19 12:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。