So-net無料ブログ作成

フランク・フランク @Seoul [South Korea (Seoul)]

IMG_2029.jpg

あとはお茶が怖い、と思いながら、坂を下った。

アジュマにつまませてもらった菜っ葉のキムチは、
野菜の新鮮さが残っていて、
お茶でもあればいくらでも入っていきそうな感じだった。

日数を経れば、今度は唐辛子が馴染み、
キムチのうまみが膨らんで、別のうまみが顔を出すのだろう。
後日、食べに来るのもおつなものかもしれない。

漬物を食べて、喜びを感じる、なんていうのは、
日本人や韓国人ならではの喜びだろう。
同じアジア人でも中国ではザーサイぐらいしか漬物はないし、
ましてや西洋人にこの旨みがわかるはずもない。

IMG_2030.jpg
このブログ 今何位か見てみよう!

「あ~、ザウワークラウトが懐かしい」ぐらいはあるのかもしれないが、
「帰ったらピクルスを食べたいなあ」なんてハナシはあまり聞かない。

それでも韓国の若者の間では「キムチ離れ」が深刻らしい。

キムチの消費量が落ちているらしく、
そのうち「キム・ジャン」も遠い過去のことになり、
ヌカ漬け同様、「店で買うもの」になってしまうのだろうか。

キムチに思いを馳せながら、
落語のようなことを考えたせいだろうか、
なにか飲みたくなって、カフェを探した。

IMG_2023.jpg

駅前のにぎやかな通りでカフェを探すと、屋台の行列が目に留まった。

週末の混雑で、どこの店も混んではいたが、
その屋台はひときわ大人数の行列を成していた。

列の先では、無愛想なオニイチャンがフランクフルトを焼いている。

しゃべるわけでもなく、笑顔を振りまくわけでもなく、
無表情にトングで大きなフランクフルトをつまんでは、
手際よくナイフで切れ目を入れている。
その横では、焼きあがったフランクをつまみあげ、
ホットドッグを作るニイチャンがいた。

キムチでスイッチが入った胃袋が「並べ!」といっていた。

学生街で行列を作っているぐらいだから、ウマイのだろう。
「地元の人で混んでいる店はハズレない」
旅先の鉄則だ。

どうやら棒に刺すフランクフルト・スタイルと、
パンに挟むホットドッグ・スタイルが選べる様子。
どちらも2,500w。

ニイチャン・コンビがどれぐらい無愛想かというと、
1,000w3枚で支払うと、
コップに溜まった500wコインを勝手に取ってね、という、
合理的かつ、完璧に愛想なしシステムが完成されているのだ。

IMG_2025.jpg

次から次に焼きあがり、次から次に客をさばくので、
そんなところにかまっていられない、って感じがおもしろい。

フランクの中には唐辛子が練り込まれていて、
脂っこさを感じさせないうまさは、
もうひとつ食べたくなるほどだった。
あらためて行列に並ぶほど酔狂ではないので、それはあきらめたが。

安さと辛さと無愛想で、かなり小気味のいい味だった。


↓ 「旅行」部門 奮闘中! ↓クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
ブログのランキング★ブログセンター
トラフィックエクスチェンジでアクセスアップ!

nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 19

コメント 4

斗夢

昔々、ドイツ(フランクフルトの近郊に)に1週間ほど滞在したとき、じゃがいもと肉に辟易し、ザウワークラウトがものすごくうまかったことを思い出しました。
by 斗夢 (2010-03-11 18:38) 

りりー

こんばんは^^
行ってみたいなぁ…☆
by りりー (2010-03-11 21:56) 

delfin

>斗夢さん

ドイツって、肉&ジャガですよね。しかも味がない。。。
添乗で行くのがニガテで、仕事断っていたのを思い出しました(笑
by delfin (2010-03-16 12:43) 

delfin

>りりーさん

「週末の温泉」感覚で気軽に行けますよ。
4~5日いても3万円ぐらいですもの~
by delfin (2010-03-16 12:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。