So-net無料ブログ作成

Jet Lag @DALLAS [Dallas (U.S.)]

IMG_0541.jpg

時刻は11:00。

到着して、入国手続きを行い、レンタカーをピックアップしていたら、
なんだかんだと時間が過ぎていた。
チェックインには早すぎたが、ダメモトでフロントを訪ねてみる。
通常、ホテルのチェックイン可能時刻は12:00なのだ。

部屋の準備はできているらしく、快くチェックインの手続きをしてくれた。

部屋に荷物を放り込み、逃げ出すように部屋を出た。
どうにもこうにも眠たかったので、
部屋でくつろいでは眠ってしまう気がしたのだ。
なんのために早めのチェックインをしたのか、自分自身よくわからなかったが、
数日間の居を構える部屋を見ておきたかったのかな。

到着日の昼寝はジェット・ラグ(時差ボケ)の大敵。
太陽光線に当たり、体内時計を調整することが一番の特効薬だ。
日本を午前中に発ち、着いた日は同日の午前中、という、
カラダもアタマもわけのわからない状態。
快適な部屋にいては睡魔に襲われるのは必然。
誘惑の心地よい眠りの後に待っているのは恐怖の「時差ボケ」である。

IMG_0513.jpg

ロング・フライトの対策はいつから身につけたのだろう。

元々、場所を選ばず眠れる性質なので、
ツアー・コンダクターをやる前から機内で過ごすことは苦ではなかった。
とはいえ、ツアコンとなると10時間以上のヨーロッパ・フライトを
月に2往復平均でこなす。
南米のツアーともなれば、
アメリカまで12時間、そこからまた南米目指して12時間、というのが普通だ。

まずは機内で快適に過ごせる自分好みのアイテムを見つけること。
文庫本でもいいし、i-PODでもいいし、PSPでもDSでもいい。
「これがあればいくらでも時間を過ごせる」というアイテムが必需品。
それと機内上映の映画、そして睡眠。

この3つを中二日のローテーションで回す。
タイガースのJFK並みにとっかえひっかえでもかまわない。

コツはフライトの時間を気にしないこと。

最初にやることは時計をはずし、ベルトを緩め、
カラダをラクにして、リラックス。
「あと何時間」と思っていると過ぎゆく時間がどんどん苦痛になります。

時間を気にせずに「くつろぎの時間」と思って、
中二日のローテーションを堅持。
食事が出たら食べて、映画がはじまったら観る。

IMG_0512.jpg

繰り返し書いているが、
機内はコーヒーは出るし、音楽はあるし、文庫本が進む楽しいひと時です。

トイレには頻繁に足を運んで、カラダをほぐしましょうね。
席に座っているときは頻繁に飲み物を摂ること。
代謝をあげることが到着後の疲労回復にもつながります。
ただし甘い飲み物やアルコールは余計に疲労を呼ぶのでほどほどに。

トイレは面倒くさいかもしれませんが、頻繁に。
しかも遠目のトイレをオススメします。
歩けばそれだけ血流を促すので、
「血栓症」(エコノミー症候群ってやつです)の予防にもなりますよ。

「乗り物で眠れない」という方もいらっしゃるでしょう。
睡眠導入剤を上手に使っている人もいます。
テーブル部分に風呂敷を挟み込んで、
足を乗せる簡易フックを作っている人もいました。

いらないゴルフボールを持参して青竹踏み、なんていうのもありますし、
百均のマッサージ・アイテムを使う、なんていうのもアリですね。

マイ・ベスト・アイテムはエア・ピロー(枕)かな。

座ったままで眠ると首が痛くてたまりませんが、
首にはめるタイプのヤツはかなり快適に眠れます。

IMG_0544.jpg

忍び寄る睡魔を振り払い、
誘惑のベッドを蹴り飛ばし、
カメラバッグをひったくると、
ドライビング・シートに身を置いた。

ガラス越しのテキサスの眩しい光にさらされながら、エアコンを強めに設定した。


↓ 「旅行」部門 奮闘中! ↓クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
ブログのランキング★ブログセンター
トラフィックエクスチェンジでアクセスアップ!

nice!(35)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 35

コメント 9

qoo2qoo

こんにちわ☆
いつもありがとうございますo(´▽`*)/
お疲れ様でした。素敵なホテルですね(●^o^●)
by qoo2qoo (2009-10-22 16:28) 

kummy

ご訪問&nice!ありがとうございました!
フライトも色々工夫をすれば快適ですね~(^-^*)
枕良いですね。今度試してみます♪
by kummy (2009-10-22 16:30) 

今造ROWINGTEAM

ご訪問&niceありがとうございました♪

一度、ヨーロッパ遠征に行くので12時間フライトしたのですが、時間が経つのが遅く感じて苦痛でした(´;ω;`)

なので当時にdelfinさんの経験談をお聞きした上でフライトしたら、もっと快適に過ごせたんだろうな・・・。

すごく勉強になります☆これからも拝見させてもらいますね!^^
by 今造ROWINGTEAM (2009-10-22 16:49) 

furukaba

お帰りなさい。
知らない世界の街角や風土&フードを楽しませていただきました。

by furukaba (2009-10-22 22:18) 

delfin

>qoo2qooさん
コメントアリガトウございます!
このホテルはDFWのエアポートホテルです。
一応ハイアットなので、質はよかったですが、
エアポートなので、ちょっとせまめでした。
by delfin (2009-10-23 00:18) 

delfin

>Kummyさん
コメントアリガトウございます!
エア・ピロー(枕)は着ないだけじゃなく、
長距離バスやスキーに行くときの車とかでも便利ですよ~
首がカクッてならなくてすみます!
by delfin (2009-10-23 00:21) 

delfin

>今造ROWINGTEAMさん
コメントアリガトウございます!
一度?はハネムーンでしょうか?
だったら、苦痛じゃないはず~(笑
by delfin (2009-10-23 00:23) 

delfin

>furukabaさん
コメントアリガトウございます!
これからもズブズブもぐりこんでいくので、またいらしてください!
by delfin (2009-10-23 00:24) 

北海道大好き人間

エアピロー、私も欲しいのですが、あれを使って地下鉄の車内で居眠りしたら、さぞかし奇妙に見えるでしょうね。首筋を寝違えないのは家こうなのですが。
札幌の地下鉄みたいに「行き止まり」の路線ならばいいのですが、東京みたいに他の路線と相互乗り入れしている路線ですと、目が覚めたら別世界なんていうことになってしまいます。実際にそれを経験したこともあります。

南米は、2014年にはサッカーのW杯が、2016年にはリオデジャネイロ五輪が共にブラジルで開かれます。日本が出場した場合、選手や応援する人の中にも移動するだけで疲れ切ってしまう人が続出しそうな気がします。
by 北海道大好き人間 (2009-10-23 20:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。