So-net無料ブログ作成

第七夜 -安宿- @Ho Chi Minh City [Vietnam]

IMG_4768.jpg

シェムリ・アップで買ったデイパックにカメラを放り込み、街を歩く。

使い古したデイパックはファスナーがちぎれてしまったので、入れ換えた。
古めのバッグを持ってきて、旅先で買い換えるのはよくやる手だ。
とくにバッグ類は東南アジアだと格安で手に入る。
今使っているリュック型のキャスターバッグも革のビジネスバッグも旅先の品。
旅先で貴金属や民芸品を買うわけでもなく、ショッピングとなるともっぱら日用品を買うぐらいなのだ。

ホーチミンの町なかは昨日の雨のおかげか、日本の夏より少し熱い程度。
プノン・ペンの灼熱を通過してきたせいか、この程度の陽気なら楽に感じる。

バスの座席の形に固まっていたカラダは、たまたま出会った快適な部屋とベッドのおかげですっかりほぐれていた。
安宿にも関わらず、出された朝食とコーヒーも体力回復を後押ししていた。

IMG_4759.jpg

昨夜、20時前に到着したバスを降りると、出迎えてくれたのは涼しい雨だった。

メコン河の渡河から降り出した雨が先回りしたのか、あるいはバスで運んでしまったのか、
傘を持たない乗客をタップリ濡らしている。
荷物を背負いながら、ノンキに安宿でも探すかと思っていたのだが、
まさか知らない街でバスから放り出され、こんな歓迎があるとは予想していなかった。

トランクから引き出された荷物を受け取ったもののアテはない。
漠然とアテにしていた客引きも、この雨では姿を見せていない。
安宿のエリアさえも知らないのだ。
雨から逃げるように荷物を抱え走り出した旅行者のカップルに慌てて声をかけた。

「ホテルどうするの?」

「わたしたちは予約があるのよ、そこに行くわ」

「安宿を探しているんだ。いっしょに行ってもいいかな?」

「彼が知っているわ。予約したのは安いホテルだけど、地図をみながら探すことになるけどいい?」
客引きもいない状態では、同じバスで同じようにバックパックを担いだ人間でもアテにするしかない。
チョットだけ、必死のコミュニケーション。

「2ブロックぐらいだから、濡れないように走るよ」
とカレが叫ぶ。

「OK、見失わないようについていくよ」
聞こえたか聞こえないうちにカップルは走り出した。
軒先で雨を避けながら、ドコから来た?とか、これからドコへ?とか、互いに情報交換。
雨音に負けないように声を張り上げながら、路地を駆け抜けた。

IMG_4766.jpg

5分もかからずに安ホテルのロビーに到着。

「さほど濡れなかったね」

「地図を見ながらだけど、迷わなくてよかったよ」

「いや、こちらこそ、助かったよ。右も左もわからないからね」

「この程度でいいなら、お安い御用さ」

カップルは予約名を告げ、手際よくチェックインの手続きをすると部屋に上がっていった。

「あなたは?予約は?」
受付の女性はていねいな英語で問い掛けてきた。

「予約はないんだ、今、バスで彼らといっしょでついてきたんだ。部屋見せてもらえる?」
安宿はシングルでもドミトリーでも部屋を見せてもらって決めるのが基本。
部屋の状態と設備が料金にマッチしているか、実際に確かめて決める、というわけだ。

「シングルならあるわよ。いま、見せるわ。カギ用意するから待っていてね」
そういうと後ろから「空室ある?」という声がかかった。
振り向くと、北欧系を思わせる色の白い女性が荷物を抱えて立っていた。

「いま、カレに見せるところ。あなたも部屋を見る?」
二人して荷物をフロント前に放り、彼女に付き従った。
螺旋状の狭い階段を5~6回巡っただろうか、
ギブアップしかけたところで、シングル・ルームのドアを開けてくれた。

IMG_4640.jpg

「シングルは$10。エアコン付きで朝食と夕食がセット。コーヒー、インターネットも無料。TV、冷蔵庫もついているわ」
到着前は$7~8でシングルを探すつもりでいたので、少し予算オーバー。
カメラなどの貴重品があったので、はじめから安いドミトリーには泊まるつもりはなかった。

「うちよりも安い宿はあるわよ。でもエアコン、冷蔵庫があるかは知らないわ」
手入れの行き届いた部屋とサービスのよさに驚いている気持ちをチョッピリ見透かされたようだった。

「いい部屋だし、熱いシャワーも魅力的だけど、もう少し下のフロアはないの?」
冗談めかしていうと、北欧系の女のコもうなづいている。

「下のフロアはダブルなのよ。シングルは上のほうだけ」

「宿泊したら毎日、エクササイズだなあ」
螺旋階段に笑い声が響いた。

雨の中、荷物を背負って、他の宿を探す気にもなれないこともあったが、
予想をはるかに上回って、快適に過ごせそうな空間を見つけたことに気分が浮き立っていた。

螺旋階段を下りながら、「ワン・シングル!」と声に出していた。


map04.jpg

↓登録するとプレゼントが!↓クリックしていただけると、書き手の励みになります↓
ブログ☆ランキング投票!プレゼント付!

nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 3

斗夢

映画を見ているみたいです。
映像が頭に映し出される!
by 斗夢 (2008-09-24 06:41) 

quartier

今はタイにいる息子が10年前同じようにバックパック担いで
放浪していたので(息子の場合は)、
それと重ねながら、自分も旅している気分で読んでいます。
by quartier (2008-09-24 09:40) 

delfin

>斗夢さん
お褒めのコメント、ありがとうございます!!

>quatierさん
旅気分で呼んでいただけるとうれしいです!
現地の空気を届けられる筆力があるかなあ…
by delfin (2008-09-27 00:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2