So-net無料ブログ作成
Philippines ブログトップ

pleasant paradise @Manila [Philippines]

IMG_3272.jpg

14:10のシンガポール行きSQフライトを待っていた。

マニラ空港の正式名はニノイ・アキノ国際空港、
ここでもプライオリティ・パスを有効利用して、
ビジネスクラス・ラウンジ「PAGSTOP LOUNGE」にいた。

ラウンジに転がり込んだのはほんの一時間前。
スコールでタクシーは捉まらない上、
空港までの道のりもしっかり渋滞していたからだ。

パラオ行きにあたって、消費マイルが変わらないからと、
パラオ~マニラ~シンガというバカげたリターン便の行程を組んだのは、
未踏のフィリピン、という誘惑に駆られたこともあるが、
プライオリティ・パスでラウンジ利用ができる、という気楽さもあった。
キツイ乗り継ぎもラウンジが使えるなら、多少は快適だ。

IMG_3205.jpg
プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード

「すぐにチェックアウトするから」

フロントにそう告げ、部屋に上がった。
チェックアウトの12時まではまだ30分ほどある。

ショッピング・モールからの帰り道もスコールは精力的で、
一向に収まる気配はなく、交差点をことごとく水溜りにしていた。
覚悟を決めて、ズブ濡れになりながら、ホテルを目指したが、
地元の人はあまり気にも留めていないようで、
民家の軒先では壊れた雨どいから落ちてくる水で頭を洗ったり、
洗濯物を濯いでいる人さえいたりした。
あるいはこれがマニラの日常なのかもしれない。

熱いシャワーを浴び、濡れた服をバスタブで軽く洗濯し、着替えを済ませた。
時間があったのでドライヤーで靴を乾かし、片手間にコーヒーを淹れる。
初めて訪れた国でなにをやってるんだろう、と思いはしたが、
そんな想いにふけるほど時間は残されてなかった。

ランドリー・バッグに濡れた衣服を放り込み、
キャスター・バッグに詰め込むと異様に重い。
半乾きに遠く及ばない革のデッキ・シューズを履くと気持ち悪さが素足を伝う。


滞在したのは「Orange Nest Hotel」  検索してみてね!

「ごめんね、ギリギリまで部屋を使っちゃって」

時計は12時を30分ほど回っていた。

「問題ないわよ、これぐらいなら。
 うちのホテルの滞在はいかがでした?」

レシプトを打ち出しながら、女性マネージャーがキレイな英語でいう。

「とても快適でしたよ。値段以上だと思います。
 シッカリした朝食は一人旅やビジネス客にはうれしいです。
Webの口コミにちゃんと書いておきますよ」

「あら、それはうれしいわ。日本からのお客さんが増えるかも」

IMG_3211.jpg
JetStarが3000円から! 国内も海外もプロモーション開始!


気持ち悪いデッキ・シューズとやけに重たいキャスター・バッグを引きずり、
ホテル・エントランスの階段を下りる。

「空港までタクシーですか?」

ドア前にいた年配のガードマンが声をかけてくれる。
どうやらこのホテルにもガードマンはいたようだ、ただし初めて見かけたが。

行き交うクルマを停めようと通りに出るとガードマンが傘を差し出してくれた。

「ありがとう。でもご覧の通り、一度濡れて、
 シャワーを浴びてきたので雨は気にならないですよ。
それよりもクルマ、拾えますかねえ?」

目の前の通りを走るタクシーはホトンドが客を乗せている。
たまに空車の赤いサインを出しているクルマはこうだ。

「空港までメーターで行ける?」

「300ペソ、チップ込みでいいよ」

スコールなので、足元を見ているのだろう、
メーターでなく言い値で行く、というタクシーが多い。
小雨になり降り止みそうな気配だったが、
500、酷いのは800なんて言ってくるクルマもいた。

ドアを開けては「空港、メーター」と継げ、
ツレない返事をもらっては失望とともにドアを閉める、
というのを4~5台、繰り返した。

「時間だいじょうぶかい?
 マニラのタクシーは性質が悪くてすまないね」

変わらず傘を差してくれているガードマンが申し訳なさそうにいう。

「ダイジョウブ、こういうのは旅先では慣れっこです。
 スコールだし、こんなことでフィリピンを恨みはしませんよ。
 それよりも手持ちのペソりが300しかないんだ。
 だからメーターで行ってくれるタクシーがくるまで待つよ」

IMG_3277.jpg
GWの海外旅行ならオンライン予約でオマカセ!


目の前で停まったタクシーに「メーター」と告げると、
ドライバーは無愛想に乗車を促すように首を傾けた。

「アンタ、ラッキーだね」

「これでマニラが好きになるよ」

傘をたたむガードマンに礼をいい、ドアを閉めた。


↓ 「旅行」部門 奮闘中! ↓ クリックしていただけると、書き手の励みになります ↓
JRANKブログ
国内でも海外でもビジネス・クラスのラウンジが使えてしまう
「プライオリティ・パス」の情報詳細はこちらをご覧ください↓
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17
各種ラウンジ情報
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-01-28 NY  (EWR)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-03-13 NY  (EWR)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-03-14 LA  (LAX)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-05-07 ソウル (ICN)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-05-11 ソウル (ICN)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-08-27 ロンドン(LHR)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-11-04 ダラス (DFW)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-01-28 バンコク(BKK)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17 成田  (NRT)

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

soaked paradise @Manila [Philippines]

IMG_3266.jpg

スイッチを「強」にしたままのように、雨は降り続いていた。

あきらめて礼拝堂の席で本を読み、小一時間を過ごしてみたが、
スコール状態は維持されたままで、スイッチが戻される様子はなかった。

「ナニジン? ドコからキタ?」

「ニホンジンだよ。これ、止まないよね」

「ああ、今日の降り方は異常だね。見ろよ、道路もアレだ」

礼拝堂の入口で雨を睨みつけているとガードマンに話しかけられた。
彼が指差した通りの向こう側ではマンホールが雨水を噴き出している。
入口前のクルマ回しが彼の持ち場なのだろう、こんな天気を持て余し、
退屈そうにペットボトルのコーラを繰り返し口に運んでいた。

「カサ、持ってるか?」

「このクツにこのパンツじゃ、今更、カサはムダでしょ?」

そういって、色の変わった短パンのおしりを見せると笑われた。
笑い声とともに時間をツブしてもよかったが、2時間は少し長すぎる。

IMG_3232.jpg
【全く新しい海外予約 】航空50社×ホテル8万軒から自由に選べる!


「ありがと。あきらめて行くよ」

「クルマに気をつけろよ」

その言葉をもらうと、シャワーの中に駆け出した。
軒先を巡る歩き方も面倒になり、カメラバッグだけシャツの下に忍ばせると、
あとは晴れの日と変わらないテンポで図々しく歩くことにした。
夏のスコールなので濡れることをイヤがらなければ、問題はない。

メモした通りの名を頼りに2つ目の教会にたどり着いたが、
そこは幼稚園を併設しているような近代的な造りの教会で、
子供たちを迎え入れるであろうゲートは部外者の立ち入りを拒んでいた。

あきらめて近いはずの3つ目の教会を探すが、見当たらない。

しずくをたらしながら探し歩く、というのはあまり楽しい行為ではないので、
早々に白旗を掲げ、通りがけに見つけた大きなショッピング・モールに駆け込んだ。

IMG_3271.jpg
全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】 オンライン検索で空席がわかる!


館内はガッチリエアコンが効いている。

エアコンLOVEが心情ではあるが、さすがに「濡れ鼠」に「冷風」はキツイ。
コイツは風邪っぴきものだな、と思いつつ、キレイなモールの床を濡らしながら歩くと、
フト、五十絡みのおっさんに話しかけられた。

「アンタ、うちのホテルの客だろ?」

(?)

「アンタのホテルのガードマンだよ、忘れたのかい?」

忘れたもナニもダレだよ、オマエ。
はは~ん、と思いつつ、おっさんのハナシに乗っかってみることにした。

「ああ、覚えているさ。で? どうしたの?」

「今日、息子の誕生日なんだよ、これからケーキを買いに行くんだ。
 アンタ、息子のためにケーキをプレゼントしてくれないか?」

(きた!)

「へえ、そんなんだ。誕生日のケーキを買うのか。
 それなら、おれのも買ってよ。おれ、今日、誕生日なんだよ」

そう切り返すと、おっさんは急に英語がわからない人になり、
なにかツブやくとNOとばかりに手を振り、立ち去って行った。

顔見知りを装った「タカリ」か、さすがフィリピン。

ホテルでは深夜にチェックインした際の夜番のフロント・マン、
朝のフロント・レディと朝食担当のボーイにしか会っていない。
治安の悪いマニラなので、ホテルごとにガードマンがいても不思議ではないが、
タイミング的にガードマンには会っていない。
だからホテルのガードマンがコチラを覚えているわけもない。

IMG_3259.jpg
enaトラベルなら、海外ツアーも航空券もオンラインでカンタン空席検索!


生き馬の目を抜くというか、濡れ鼠を襲うというか、さすがマニラ。
「濡れた犬を叩く」は韓国だっけ?
仮にアンタを覚えていたとしても、なんで宿泊客がガードマンにケーキを買うんだ?

しかし全身水浸しの短パン濡れ鼠にタカるかね? ヘタクソ。



↓ クリックでさらに上へ!! ↓
FC2 Blog Ranking



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

peculiar paradise @Manila [Philippines]

IMG_3197.jpg

コーヒーを飲みながらの祈りが通じたのか、9時になると雨はおさまった。

地図でダウンタウンに2,3の古い教会があることは目星をつけていた。
徒歩でそこに出向けることを見越して、このホテルに決めたのだ。
昨夜出向いたコンビニの近くには鉄道の駅もある。
時間的にキビシくなったら、ホテルへの戻りはそいつを使えばいい。

雨に朝の時間を奪われ、マニラの街をブラつけるのは3時間だけとなった。
時間があれば旧市街にある大聖堂も目指すつもりでいたがそいつはきびしいか。

IMG_3191.jpg
海外ツアーも航空券もオンラインでカンタン空席検索!


雨の上がった道を小躍りしながら、まずはマラテ教会を目指した。
たとえ3時間でも知らない街を歩けるのは気持ちが踊る。
しかしその気分にはすぐに邪魔が入った。

「一日雨でしょう」と告げていた天気予報の通り、また雨粒が落ちはじめた。
いや、落ちはじめた、というより、出掛けがたまたま雨雲の切れ間だったのだ。

CAFEの軒先をくぐり、時折、レストランの入口で歩みを止め、
商店の店先で地元の人と苦笑いを交わし、雨を掻い潜りながら、教会を目指す。

空はこちらの気持ちなど無視するように割り増しで雨粒を落としている。

叩かれる雨に追われるように教会の礼拝堂に転がり込む。
愛用のデッキシューズの中はすでにガボガボで、
走って跳ねを上げたのか、短パンの尻はシコタマ濡れていた。

IMG_3192.jpg
全世界!お得な海外航空券をオンラインで! すぐに空席がわかる!


カトリックの教会らしく、石積みの建物が重厚な面持ちを見せている。
書いておいていうのもおかしいが、
「教会」というのは組織のことを現していて、建物自体は「聖堂」というのが正しい。
「大聖堂」というのはその地区を束ねる「司教」がいるものを指している。

オフィスビルもある街なかで歴史ある建物が当たり前のように鎮座している。
世界中、どこの国でもカトリックのインパクトは強烈、
スマホになろうが、21世紀がやってこようが、普遍の面持ち。

雨宿りを兼ねて、しばらく礼拝堂を眺めて歩く。

これまたどこの国でも例外なく、平日だろうが祈りを捧げる信者が数名はいる。
祈りの邪魔にならないよう、シャッターを切る。
静寂に包まれた石造りの礼拝堂の中では、
小さなシャッター音でさえ、鐘の音にも等しく感じる。

時折、扉が開き、人が入ってくる。
その一瞬、外の雨音が堂内の静寂をかき消す。
同時にその音がこちらの気分を滅入らせてくれる。

IMG_3262.jpg
【全く新しい海外予約 】航空50社×ホテル8万軒から自由に選べる!


それでも知らない国の知らない街、知らない通りの知らない教会で、
虚無の時間を無為に過ごすのもまた一興。

なにもしなくてもなにも観なくても、
異国の地を踏み、異国の空気を吸い、異国の人とすれ違う。
ただそれだけでもいい。

ただし異国の雨にしとどに濡れるのはどうかと思うが。



↓ポチっとクリックでランキング上昇! ↓
BS blog Ranking

旅行小物ランキング1位 【送料無料】旅行収納ポーチ6点セット【メッシュポーチ3点 ランドリーポーチ3点】

旅行小物ランキング2位 Cabeau EVOLUTION PILLOW ネックピロー 洗濯可能 デバイス・ポケット付

旅行小物ランキング3位 【ハイテク耳栓】気圧調整機能 耳障りな騒音を20デジベルカット 音声そのまま

旅行小物ランキング4位 【リムーブエアー】衣類圧縮袋10枚セット(Mサイズ5枚+Lサイズ5枚)送料無料


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

unfortunately paradise @Manila [Philippines]

IMG_3220.jpg

6月13日、旅は7日目。

どこかのトタン屋根を叩く音だろうか、ニギヤカな音で目を覚ました。

時計を見ると6時を回ったところ、外はまだ薄暗い。
窓を開け、暗い外を眺めると東南アジアらしい激しい雨が降っていた。

昨夜はタクシーのニイチャンが裏道を駆使し、
結局、空港から30分ほどでホテルにたどり着いてくれた。
クルマは夜もかまわず渋滞している交差点を避け、
ホテル探しに手間取ったものの、遠回りなどせずに着いてくれたことはわかった。

あるいはさっさと最後の仕事を終えて、早く帰りたいだけだったのかもしれないが、
こちらもパラオのドライブとフライトで疲れていたので、
裏道を走る彼の運転に助けられたことは確かだ。

「初日だろ? ちょっとだけどチップ、はずむよ」

1000円しか両替していないので、威張れる額ではなかったが、
昼飯2~3回はイケる額をあわせて、彼に渡した。

「明日のシンガポール行き、気をつけてな!」

ニイチャンはそういうとうれしそうに帰っていった。
これで彼はようやく不慣れな初日から開放される。
エントランスの階段を上がりながら、時計を見ると23:20を指していた。

IMG_3188.jpg
全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】


眠たいのだろう、深夜番のオッサンは迷惑そうにチェックインの手続きしている。
鍵を渡し、立ち去ろうとする彼の背中に声をかけた。

「この辺にコーヒー・ショップか、コンビニエンス・ストアある?」

「2ブロック先にあるよ、でも夜だから外は気をつけて歩きなよ」

部屋に荷物を放り込むと、旅のいつもの慣わしですぐに出かけた。

住宅街に近いエリアのホテルだったせいか、
ひと気のない通りをクルマとバイクだけが激しく行き交っている。
時折、現れるジプニーの排気音がけたたましい。

大通りの店や食堂は当たり前のようにシャッターを降ろしているのだが、
そのシャターの前に頑強な鉄格子が据え付けられている。
見慣れたシンガポールやタイの東南アジアの町並みとは大きく異なっていた。

日本と同じく、深夜のコンビニは煌々と光を放っている。

店の前には若いカップルがイチャイチャついて、
反対側の公衆電話には若い男のコが電話機を抱きしめるようにへばりついていた。

冷房が効いた小さな店の中を探すが、アイス・コーヒーが見当たらない。
なんでだ? アジアでは定番だろ?
仕方なくダイエット・ペプシとホットドッグを手にし、レジに差し出した。
あわせて50ペソ。
深夜とはいえ蒸し暑い夜に東南アジアを感じながら、
真夜中の道を歩き、ホテルに戻った。

IMG_3216.jpg
コーヒーなら7年連続ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞の澤井珈琲

雨音で起こされ、あきらめてシャワーを浴び、昨夜のフライトの疲れを洗い流す。

7時になり、朝食を摂りにロビーに下りた。
ビジネス・ホテル並みのホテルなのだが、
ロビーにはテーブルが4つほど置かれている。
Webで探したところ、ちゃんとした朝食がついていて、
コーヒーが飲めるであろうことは推測できたので、
ここ「Orange Nest Hotel」をブッキングした。(下部agodaバナーから検索できます)

朝食は意外にも玉子の焼き方まで指定できて、ジュースもついていた。
2,000円のホテルでこんな朝食が付くなんて、やっぱり東南アジアだ。

コーヒーを飲みながら、ガラス張りのロビー・エントランスを眺めると、
さっきよりも雨が激しくなっていた。

IMG_3253.jpg


シンガポール行きのフライトは14:10、
空港へはチェックアウトの12時に部屋を出て、タクシーを捉まえれば、いい頃合いか。
雨は上がって、ぶらりと街歩きはできるのだろうか。

たしかにこの時季のマニラは雨季なんだけどね。



↓ ワンクリックでランキングチェック!! ↓
にほんブログ村「海外一人旅」ランキング

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

unexplored paradise @Manila [Philippines]

IMG_3223.jpg

11月の上旬からパッタリ更新が止まってました「パラオ紀行」。

書き溜めてはあったんですが、
アメリカ取材があったり、〆切に追われたり、ラジバンダリ・・・(古いな)

その間にもバタバタとソウルには飛んで、
現地のオンタイム情報はUPしていたんですが、
blogのフライトはパラオから飛び立ったまま。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2012-08-01 (パラオ出国)

この後、未踏のマニラに到着し、とんだハプニングなどがあり、
故郷(?)シンガポールへ向かい、帰国の途に着きます。

こんなに遅い更新もないでしょうが、呆れることなく、おつきあいのほどを。

NEC Direct(NECダイレクト)
//////////////////////

UA193は定刻の22:15、マニラのニノイ・アキノ国際空港に到着した。

パラオとフィリピンの間には1時間の時差があるので、
約2時間半のフライト、ということになる。

運よく行列のない入国審査をあっさりと通り抜けると、
預けた荷物もないので、古臭いターンテーブルを過ぎて、到着ロビーに出た。

マニラの空港は思ったより明るく、整然としていた。

それもそのはず、到着客が吐き出されるロビーにはキビシイ顔をした警官が立っていて、
ドア周辺にガイドやホテルのピックアップが立ち入れないように眼を光らせている。
キッチリ区域制限がされていて、
彼らは吐き出されてくる到着客を遠巻きに眺めているしかない。

現地通貨を一切持っていなかったので、すぐ横の両替所で1000円札を差し出した。
ホテルがあるエリアまではタクシーで200~300ペソ、これがあれば事足りる。
明日使う分はレートがいい市内両替所で替えればいい。

手元のレシートには「517ペソ」と記されていた。

初めて訪問する国では紙幣はわかるが、コインには戸惑ってしまう。
コインは凝ったデザインで金額がわかりづらい国が多いからだ。
どれがいくらなんだか、裏表をあらため、ひっくり返して確かめていると、
両替窓口で退屈そうにしていたニイチャンが、
これは50ペソ、これは20、こっちは10だよ、と教えてくれた。
しょうがねえなあ、外国人旅行者は、という感じで。

1ペソは概算で約2円、通貨換算はしやすくて助かる。

IMG_3208.jpg
enaトラベルなら、海外ツアーも航空券もオンラインでカンタン空席検索!


マニラの空港からホテルへはタクシーが常道らしい。
カウンターで行き先を告げると金額と行き先を紙に記してくれ、
先払いの固定料金で滞りなく走るシステムらしい。

らしい、らしい、と浮ついた書き方だが、なにせ初めて訪れる国。
ネットの事前情報が頼りなだけだ。

バンコクも似たようなシステムでタクシー・トラブルを防いでいる。
先払いには手数料も含まれるので割高にはなるが、
地理や距離感に不案内な旅行者には安心なシステムではある。
もっともバンコクの場合、ソレを取り仕切っているのが地元の裏組織、
というハナシもあるのだが。

小さなカウンターに座っているオバチャンに行き先を告げると、
次のタクシーのナンバーを記した紙をぶっきらぼうに渡された。

先払いのつもりで紙幣を差し出すと、乗車を促された。

「支払いは?」

「メータ、メータ」

どうやら普通にメーターで行くらしい。

キャスター・バッグだけの荷物を後部座席に放り込んで、
それを追うようにして席に着いた。
車内はキッチリ、エアコンが効いていて気持ちがよい。

IMG_3202.jpg
お得な海外航空券・パッケージツアーは【H.I.S.】 オンライン検索開始!


「マラテ」とエリア名を告げ、重ねてホテルの名を告げると、
わかったのかわからないのか、返事もあいまいなまま、走り出した。

「わからなかったらホテルのバウチャーに住所、あるから」

あるいはこちらの英語が通じてないのかと思い、
そういってプリントアウトしてきたホテル・バウチャーを指し示すと、
急に返事が返ってきた。

「OK! ダイジョウブだ」

「メーターでいくらぐらい?」

「200超えるぐらいかなあ。実をいうと今日、はじめたばかりなんだ」

「タクシー・ドライバーを?」

「そう、今日がはじめての仕事なんだ。
 でもそのエリアは詳しいから、ホテルはすぐに見つけられるよ」

「まあ、わからなかったらホテルの電話あるから、聞いてみてよ。
 初仕事の今日は朝まで走るのかい?」

「実はあんたがラストだよ。
 今日一日働いて、すごく疲れてるんだ、これで家に帰れるよ」

「へえ、それはよかった。初日をがんばったわけだね。
 でもタクシーの運転は大変じゃない?」

IMG_3200.jpg
有名大学の在学生や卒業生を中心に、厳選された英会話講師陣!


「思った以上にストレスがあるよ、クルマ運転していればいいと思ったけどね。
 今日働いてわかったよ」

「じゃあ、帰ったらオイシイもの食べて、ビール飲んでリラックスだね」

「あんたを降ろしたら家に帰って、ゆっくりシャワー浴びて、横になりたいよ」

「おれも早いところホテルでそうしたいね。お互い、考えることは一緒だな」

二人の思いを裏切るように23時過ぎの道路は渋滞していた。



↓ クリックしていただけると、励みになります↓
★人気ブログランキングへ★

ランキング1位! 【クーポンで1000円OFF!】2wayキャリーバッグ【送料無料】キャリー&リュック キャスター付

ランキング2位! 【送料無料】ネックピロー U型枕苦手な方絶賛!腰クッションにも!深夜バスで眠れない方必見! 車中泊にも便利!

ランキング3位! カップ型専用ケース付 旅先でも威力を発揮!乾燥する機内、ホテル、旅先で重宝!【パーソナル超音波加湿器】

ランキング4位! 身体に投資!座席が伸びて、脚・腰・お尻の疲れを解消!コンサイス・フライトシート エコノミーでもらくらく


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
Philippines ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。