So-net無料ブログ作成

via LAX to Tokyo [Denver(US)]

IMG_5044.jpg

デンバーです。

どこ? って言わないように。

アリゾナの上のコロラド州、ロッキーを抱く「マイルハイ・シティ」
デンバーでございます。(下記地図参照)

あまり知られた観光名所はないのですが、
マイルハイ=標高が1,600mあるので、
マラソン選手が高地トレーニングするボルダー(現地発音はボウルダー)が、
バスですぐの隣町、この町のは聞いたことかる方も多いのでは。
ちなみにこのデンバーも初訪問。

ミネアポリスと同じ中部時間、日本とは15時間の時差かな。
現在、29日の21時、夕食を食べて帰ってきました。

マイルハイ、ということとコロラド・ロッキーが近いので、
「寒さ」覚悟でやってきたのですが、まあ、あったか~い。
先週は雪が降ったそうで、日陰などにはその名残りが固まっていましたが、
到着日から暖かいことこの上ない。
こうなるとハーフコートが仇、今日なんか夕食後もコートなしで歩けました。

昼間はサンサンと陽光が差し、
ダウンタウンからほど近い川沿いの遊歩道ではジョグする人、犬の散歩に走る人、
自転車は頻繁に駆け抜け、芝生では昼寝している人までいました。
好天の元、みんなリラックス、すっかり拍子抜けの過ごしやすさです。

IMG_5079.jpg

日曜日のGAME取材も無事に終わり、今日は自転車で街を巡ってました。
日本のニュースでも話題になっていたロンドンやパリあたりに登場した、
レンタル・サイクル・スポットがこちらでも普及しているんですね。
クレジットカードがあれば、自販機状態でカンタンに自転車を借り出し、
他のスポットで気軽に返却できる、というスグレモノ。

ここデンバーでは「B-cycle」という名でダウンタウンから住宅街にまで、
そのスポットが点在してます。
ミネアポリスにも同様のものがありました。

「デンバー」という都市の知名度はありながら、実際には知らないことばかり。

治安はいいし、街はきれいだし、ホームレスは少ないし、人々はとてもフレンドリー。
店員ですら朗らかでくだけた感じ。
不快な思いをする、というのが皆無の街なので、おどろいてます。

観光名所こそありませんが、ダウンタウンには古い建物が現存し、
クラシカルなホテルやバーがいい雰囲気を醸し出してます。
ダウンタウンから近い場所に公園や遊歩道があり、
野球場、アリーナ、フットボール・フィールドもライトレールで2~3駅、
スポーツ観戦も手軽、カラダを動かしたい人もすぐそこでできちゃいます。

郊外に足を運べばトレッキング、カヤッキング、キャンピングなど思うまま。
スノー・シーズンにはコロラドの山々が出迎えてくれ、
リラックスするにはもってこいの街ですね。

現地に来てみて、本当に驚いてます。

大都市のギスギスした感じ、ピリピリした緊張感はないし、
自然や空気、水もキレイで、騒音やストレスが本当にない場所です。
アメリカっぽくない都市というのはヘンな言い方かもしれませんが、
ヨーロッパの片田舎の町に便利な施設やシステムが整っている、という感じかも。
重ねて、地元の人たちが朗らかで柔らかい物腰なのが印象的です。

IMG_4416.jpg

というのをブログで追って刻んでいきたいんですが、まずは取材原稿が優先。
となるとブログ更新はいつのことやら、とあきれないでくださいまし。
とはいえ、未だ「パラオ紀行」もUPが終わってないんだよなあ。
といいつつ、明日の早朝フライトで帰国の途です。

現地取材の模様は11月末発売のタッチダウンPROマガジンを乞うご期待!

Upload from Denver A/P rounge, 06:30 30.Oct.2012



↓ 「旅行」部門 奮闘中! ↓ クリックしていただけると、書き手の励みになります ↓
JRANKブログ





nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

Fly to DENVER from MINEAPOLIS [Mineapolis(US)]

IMG_3947.jpg

ミネアポリスです。

どこ? って言わないように。

アメリカ、ミネソタ州の州都セントポールと隣合わせのツイン・シティ、
ミネアポリスでございます。(下記地図参照)

あまり知られた観光名所もないので、ピンと来ないのはしかたない。
かくいうわたしも初訪問の都市です。

こちらは中部時間、日本から一日遅れに近い時差があるので、ややこしいですが、
現在、27日の午前10時(たぶん日本は28日に日付が変わるころ)。
これからデンバーに飛ぶため、ミネアポリス/セントポール国際空港(MSP)、
ご存知、プライオリティ・パスを有効に使い、
ビジネスクラス・ラウンジ=UnitedClubにいます。

出発前の時間、のんきに朝食摂りながら、
Wi-Fiつないで、メールチェックなどしているわけです。

さて道行きですが、成田を飛び、ヒューストンまで15時間のフライト、
どういうわけか眠りもしないで、映画と文庫本に浸ってました。

ヒューストン(IAH)についたら暑い暑い。

ビル内はきっちりエアコンが効いていたんですが、
ターミナル移動のシャトル乗換えでびっちり汗ばみました。

この空港は成田x3つぐらいのターミナルがあって、
その間を無人の列車が走ってるんですね、スカイトレインだか、なんだかってヤツが。

そのターミナル駅で一瞬、外にさらされるんですが、その際、モワッと外気が。
感覚的には25度を軽く超える熱気で、ハーフコート着ているこちらがアホの極み。
ドワッと汗ばんだのとフライトの疲れを落とすため、
UnitedClubのラウンジに飛び込み、バサッとシャワーを浴びました。

そこから3時間のフライトでミネアポリスへ。

IMG_4106.jpg
海外航空券はスカイゲートでカンタン検索!

機材は50人乗りぐらいの小さいやつ、
そう、ヒューストンはユナイテッドに吸収合併されたコンチネンタルの元ハブ空港、
コンチはローカル線をカバーするため、
小回りが利くコンパクトタイプの機材をたくさん持っていたのですね。
それがユナイテッドのカンバン掲げて飛んでいるわけです。

転寝している間に到着、滑走路は濡れていたんですが、
ちょうど雨が上がったみたいで、ホテルへのシャトルバスを拾う際、濡れずにすみました。
ここではハーフコートのわたくしはまさに正しい人、という気温です。

フフフ、到着時好天男、ここでも健在、などと鼻息荒くしていたら、肝心のシャトルがこない。

1時間に一本、毎時00分に来るはずのシャトルバスが気配のカケラもなし。
目の前では他のホテルのシャトルが客を乗せてはバンバンと入れ替わっていくんですね。
系列ホテルのドライバー捕まえて、電話してもらったりもしましたが、ただ待つしかない。

結果、1時間半待たされ、ようやくやってきました。
どうやら一本前のヤツがトラブったかナニかでこなかったらしい。
長いフライトで疲れている身としては涙目モノでゴザイマス。

結果、成田を発った同日=24日の21時半、ようやくチェックイン。
所要時間にするとフライト+乗り継ぎ+フライト+シャトルバスで24時間の移動かな。

IMG_4194.jpg

到着時は雨のせいか、さほど寒さも厳しくなかったんですが、
25日は同じ雨でも寒い小雨がシトシト落ちていました。
気温にすると、日本よりも2ヶ月先の冬、って感じでしょうか。

こちとら寒いの大好きなので、Tシャツ+シャツ+ハーフコートでやり過ごしてますが、
寒さよりも乾燥の度合いが酷い酷い。
なにしろ鼻の穴がガビガビ、薄い紙でも突っ込まれたような感じになります。
男性だからさほどではありませんが、女性なら柔肌の天敵、という乾燥度合い。

街の様子やミネアポリスの雰囲気はこのブログにて、追って刻んでいきますね。

GAMEDAY取材の模様は11月末発売のタッチダウンPROマガジンを乞うご期待!






↓ ワンクリックでランキングチェック!! ↓
にほんブログ村「海外一人旅」ランキング


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

いってきます! Fly to USA [国内]

IMG_0969.jpg

成田空港、いつものようにUnitedClubのラウンジです。

汗ばむぐらいの秋晴れ、ラウンジでシャワー浴びて、
ロング・フライトに向けての体勢を立て直しました。
久々のアメリカ渡航、NFL現地取材で、
まずはヒューストン経由ミネアポリスです。

我がライター活動はNFLのトレーニング・キャンプからはじまり、
毎年重ねるようにアメリカ現地取材を繰り返しておりました。

NFLの夏のトレーニング・キャンプに張り付いたり、
レギュラー・シーズン・ゲームの取材はモチロン、
9月の開幕時期に飛んで、同時にMLBも取材、
ドジャーズ時代の野茂、石井、ヤンキースの松井、
アリゾナ・キャンプではイチローに話しを聞く、なんてこともあったっけ。
ワイキキで行われるプロボウルも5年ぐらい続けたかな。

おっとこれじゃあ、回顧録。



その取材行ですが、リーマンナントカはショックだわ、サブ・プライムはハジけるわで、
昨今、アメリカ経済がものすごく冷え込んでしまったわけです。
「対岸の火事~」と思っていたら、その煽りがなんと我が足元にまで。

なんでそうなるかというと、景気悪くなるとまずは広告費がシブられます。
航空会社にしろ、ホテルにしろ、雑誌などの広告バリューが落ちる。
TVに旅番組が増えているのは、広告費出さない代わりにチケット出して、
「いってこい」にして番組作るワケです、この辺はTVならではの強み。
旅番組でタレントがバカ高いキレイなホテルに泊まっているのはそういうウラ事情。

重ねて、アメリカの場合、政府の予算が削られると、
収益があやふやな観光局は真っ先に「閉鎖」の憂き目にあうわけで。
そうなると、地元の協力も得られないんです。

2009年夏にはダラスの隣町アーリントンに飛びましたが、
こいつは「ダラス・カウボーイズ・スタジアム」が新設される、というので、
直行便を持っているアメリカン航空が気合を入れて、肝いりの取材、となったのです。
今や、そのアメリカン航空さえ、アップアップだったりしますが。

http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-10-06 (ダラス取材)

そんなこんなで毎年続いていた現地取材連荘攻撃も2009年で息尽き、
NFLの取材自体がトンとご無沙汰に。

ダラスの取材は開幕前のこけら落としに出向いたので、
正確なGAMEDAY取材となると2008年のニューヨーク取材以来でゴゼイマスダ。

IMG_0974.jpg
ビジネスクラス・ラウンジですが、お使いになりたい方は↓こちら。
楽天カードなら国内でも海外でもラウンジが使える「プライオリティ・パス」がついてくる!

10月の「毎月ソウル」からコッチ、アレヤコレヤと動き回っており、
おかげでブログ更新もそっちのけ、「パラオ紀行」はいつ完結すんねん、とお叱りを受けつつも、
なんとか今回の取材行を成立させ、今日の成田に至っているわけであります。

今回は現地時間25日のタンパベイ・バッカニアーズ@ミネソタ・バイキングスを
ミネアポリスのMall of America at Metrodomeで、
28日のニューオリンズ・セインツ@デンバー・ブロンコスを
デンバーのSports Authority Field at Milehighで取材してきます。
(NHK-BSで放送予定。終了後のフィールドにいるかもよん)

取材の模様は11月末発売の「タッチダウンPROマガジン」に掲載予定です。

このブログを読んでしまったアナタは一人8冊買うように。
ソレぐらいあれば、NFLがわからなくてもマクラぐらいにはなりますし。

折しも明日からはワールド・シリーズが!
現地のTVで観られるなんて、ちょっとシアワセ、ああ、なんて安上がりなワタクシ。

ワールド・シリーズのマッチアップはこのブログで書いたとおり、
タイガースvsジャイアンツになりましたね。
MLBに興味ない方でもベースボールが好きなら必見です。
どこかの国のダラダラと退屈なスポーツとは一線を画しますぜ。

IMG_3897.jpg
成田の自動化ゲートが3つに増えました。撮影禁止なので、出国した側から。


さあて、10時間以上のフライトは久しぶり。
音楽聴きながらたっぷりしっかり読書の時間が待ってるぜい。

いってきます!



↓ クリックしていただけると、励みになります↓
★人気ブログランキングへ★




nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

Sweeeeep!!! [Sports]



6日、ソウルから戻ってから、バタバタと過ごしておりまして、
ブログがすっかり滞っております。

え?なに?いつものこと?

ムムム。

ご指摘のとおりで「パラオ編」はいつ終わるのでしょうか、いったい。

朝からオンタイムのMLBのプレイオフ中継に浸り、
合間にNFLのレギュラー・シーズン、
そして実生活では夜ごとのナイター・テニスと、
「スポーツの秋」全開で過ごしております。

ソウル便就航記念特別セール エアアジア・ダイナミックツアー 8,257円~ 売切れ次第セール終了♪

久しぶりにポスト・シーズンに進んだオリオールズ、
移転してから初のプレイオフのナショナルズを応援していたのですね。

ともに2勝2敗で迎えたディヴィジョナル・シリーズ(ALDS/NLDS)第5戦、
ボルティモアはヤンキース・C.C.サバシアの前に沈黙。
一番負けてほしくない相手に敗れ去りました、嗚呼。


その後の生中継のNLDS、ワシントンは3回で早くも6対0、
こいつは決まったな、とのんきに観戦していたら、
コツコツ1点ずつ返され、7対5で9回を迎えたわけですね。
なんと!そこから!4点取られて負ける!という、まさかの展開。
う~ん、さすが昨年の王者セントルイスですわ。

こうして、奇しくもボルティモア、ワシントンDCの隣町チームは砕け去ったのでした。

休養日もなく、翌日から続く、リーグ・チャンピオンシップ。
ALCSはトリプル・クラウン擁するデトロイトがやってくれました!
ヤンキースを4タテ、みごとなSweeeep!で退けましたなあ、
ああ、気持ちいい、やっぱりYankeesSuck!です。

海外航空券はスカイゲートでカンタン検索!

ナショナル・リーグ(NLCS)は、
2011年のチャンピオン・セントルイスと2010年のチャンピオン・サンフランシスコの顔合わせ。
こちらはまだまだもつれそうです。

くだらないけどサンフランシスコが勝つと、
ワールド・シリーズはジャイアンツvsタイガースとなりますな。

y.jpg

一方、NFLはUPSETの連続。
シーズンはまだ半分に至ってませんが、
先行き見えない「超」混戦のレギュラー・シーズンが楽しい楽しい。

と書いているわたくしは、アメリカ現地取材を画策中。

そちらの現地レポートも記していきますね!!



↓ 「旅行」部門 奮闘中! ↓ クリックしていただけると、書き手の励みになります ↓
JRANKブログ






nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Enjoy Your Ballgame!! [Sports]

Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】 価格.com 自動車保険


スポーツの秋、全開です。

3連休のアタマに帰国し、テニス、テニス、テニス。
ワタシ、カラダイタイのヒトです。

それよりも熱が入るのはMLBポストシーズン。

我がボストンは迷走の末、呆気なくシーズンを終えました。
チームに合わないマネジャー据えたのが敗因、
シーズン・エンドとともにボビーの首はすっ飛びました。

ひいきのチームを差し置いても短期決戦のプレイオフはオモシロイ。
アメリカン・リーグはシーズン最終戦までにもつれ、
最後の試合で地区優勝とポスト・シーズンに進むチームが決まるという結末。

オークランドはシーズン終盤の勢いもそのまま、
チャンピオン・チーム=テキサスを一蹴し、
地区優勝をかっさらうというすばらしいシナリオ。

一方、春先だけで萎えるボルティモア、
今シーズンはなんとか生き残ったものの、最終戦ではやはりコケ、
ワイルドカードに回るあたりが、らしいといえばらしい。

ワイルド・カード・プレイオフに進んだ両チーム、
なんとオリオールズがレンジャーズを退けた、こいつはなかなか気持ちよい。



どのスポーツでも常勝チームよりも
久しぶりにポスト・シーズンに進んだチームに注目する性質なので、
これはうれしい勝利。
ソウルでもネットの生中継にかじりついているというバカぶりでした。

MLBは今シーズンからPLAYOFFに新システムを導入。

長きに渡り、3地区の優勝チーム+それ以外で勝率1位の4チーム(ワイルドカード)で、
トーナメント方式のプレイオフを行ってましたが、そのワイルドカード部分を拡張。
勝率1位と2位のチームでワンゲーム・プレイオフを行い、
勝ったほうがトーナメントに進める、という新システムです。

完全にNFLのプレイオフ・システムを踏襲してますね。

シーズンを勝ち上がったチーム同士が対戦するプレイオフ、
当然、チケットは売れ、チーム・バリューは上がり、
注目度は高まり、グッズは売り切れ、収益度は上昇しますからね。

プレイオフはリーグやチームにとっては分け前が増えるおいしいパイ、
ファンにとっては質のいい試合を見られるデザートの時間でもあるわけです。

会員登録で¥2,000クーポンがもらえる!お得な旅行情報はenaメルマガで!

NFLは古くから「Wild Card」システムを採用。

2カンファレンス、3地区の各地区優勝チームに加え、
ワイルド・カードの1チームを増やすことで、試合数が増え、
増益につながるわけです。

10年ほど前にはさらにチームを増設し、リーグを拡張、そして再編。
2カンフェレンス、4地区体制となり、
この地区優勝4つに2つのワイルドカードを加えた6つのプレイ・オフ・スポットに。
プレイオフの試合数も5試合x2と増えたわけです。
(地区優勝3位とワイルド・カード2位、
地区優勝4位とワイルド・カード1位fが対戦するWild Card Playoff 2試合、
 その勝者と地区優勝1位、2位のDivisional Playoff 2試合、
 最後にCanfarence ChanpionshipでSuperbowl 出場チームが決まる)

シーズン中、早々に地区優勝が決まってしまっても、
「ワイルド・カード」という枠があるので、終盤もダレないのですなあ。

おらがチームが好成績を残してくれれば、
「まだポスト・シーズンがあるべさ」となるわけでシーズン終盤でも客が入るわけです。

ソウル便就航記念特別セール エアアジア・ダイナミックツアー 8,257円~ 売切れ次第セール終了♪

今年のNPBなんか典型的な「ダメ例」ですね。
某チームが独走して、シーズンの興味は半減、
客入りが悪い状況で、さらにお客さんは入らなくなる。
オールスター後ぐらいから、
どのチームも「3位以内」を目指す、というつまらないシーズンが展開するわけです。

数年前からいい続けてますが、なんで、この国の野球はチーム増やさないんだ?

両リーグに2チームずつ増やし、東西でも南北にでも分割すれば、
2リーグ・2地区、各4チームずつの均等なリーグが出来上がるのに。

その上で、セ・リーグ北地区1位と南地区2位、
南地区1位と北地区2位でポスト・シーズンを行えば、大いに盛り上がるはず。
現在のインチキくさいプレイオフをやっている限り、NPBに未来はないですよ。

優勝チームに「アドバンテージの1勝」ってなんだよ?
対戦してないのに有利・不利があっては、
機会均等であるべき、スポーツ本来の姿じゃないだろ?
おかしいことに気づいているのに、誰も声を上げないリーグとメディアの不甲斐なさよ。

エクスペディア☆応募者全員に旅クーポンキャンペーン♪

現状のリーグ、チーム数でプレイオフを行うなら、
1位と2位の5試合対戦、1位(リーグ優勝)チームに5試合とも「地元開催権」を与える、
ぐらいの設定が無難なところ。
3位まで、という広げ方はシーズン成績が反映されなすぎる。
3位狙いでシーズン後半は戦力温存、なんてことがでるでしょ。

システム的に不具合があるNPBは忘れて、MLBにどっぷりハマましょ!

では、みなさんで 「Yankees Suck !!!!!!!!!!!!!!!!!」





↓ 「旅行」部門 奮闘中! ↓ クリックしていただけると、書き手の励みになります ↓
JRANKブログ


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

秋風に抱かれて from Seoul [Seoul]

IMG_3835.jpg

10月5日、明日は帰国日です。

中秋(チュソク)の3連休で街が眠っていることを言い訳に、
のんべんだらりと過ごしている間にもう帰る頃合いです。

秋のソウルはからりと乾いたいい天気が続きました。

近頃はすっかり乗換えの遠さと階段が億劫になり、
地下鉄から市バスの人になっておりましたが、
初夏からコッチはすっかり自転車の人になってました。

スタッフのものを借りているわけですが、
駅や繁華街から離れた場所にも入っていけるので気に入って愛用です。
気に入った画があったら自転車を停めて、パチリ。
そんなのんきな自転車行です。

新設洞から南大門を越え、市庁、ソウル駅、新村辺りまで足を伸ばしてます。
といっても用事がないと出かけないんだけど。

IMG_3832.jpg
¥2,000クーポンもらえる!enaはオンラインでカンタン検索!

その出かける用事ですが、
このブログ右下の有名SNSで知り合った人たちと、
ソウル現地でご飯食べたり、飲み交わしたりしていたんですね。
ふたつきに一度ぐらい、現地で情報交換してました。

それがこの出発の少し前にID停止の処分。

事務局曰く、旅先で会ったりすることが「出会い」に当たるらしく、
規約違反で「ID削除」だそうです。
異性・同性関わらず、交流を築いていたんですけどね。
そんなことはお構いなしに「削除扱い」。

一方的に「違反」を突きつけられましたので、
不当な部分はないと抗議したんですが、
事務局とやらは「抗議」すら受け付けないようで。

別に恋愛関係になったり、金銭問題起こしたわけじゃないのにねえ。
なんのためのSNSだ?
オンライン上だけでナカヨシコヨシしてろってことか。

ということで、旧IDは削除、
別途、新IDを立ち上げましたので、
みなさん、行方不明状態のワタシを手繰り寄せてくださいまし。
メッセージもデータも消されて、連絡もできなくなっちゃったのです。



それもありすっかりでかけなくなって、宿やカフェで読書読書読書。
嬉々として文庫本を消化し、「読書の秋」を実践中。

歩き周っているせいもあって、脳も刺激を受け、企画書なんかもよく練ってます。
フリーの身としては家で篭って仕事しているより、
旅先のほうがアイデアが湧き出るんですね。

一人飯は手軽で安いし、脳は活性化するし、TVにハマることもないし、
旅先にいるほうが健全かもしれん。

MLBは最終戦までもつれ、いよいよポスト・シーズンもはじまる。
NFLは4試合ですでに予想を裏切る番狂わせが続出。
目が離せない「スポーツの秋」でもあります。

IMG_3843.jpg
お得な海外航空券・パッケージツアーをオンライン検索!


明朝は9時発のOZ102。

6時前の地下鉄で、ソウル駅まで15分、
AREXに乗って、53分で仁川空港。
少し早めのチェックインでラウンジでノのんびり朝食などをつつきましょ。

帰ったら「日本の秋」も楽しみです。



↓ クリックでさらに上へ!! ↓
FC2 Blog Ranking
「楽天プレミアムカード」なら、ラウンジを自由に使える「Priority Pass」がついてくる!!



nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

チュソクの秋風 from Seoul [Seoul]

IMG_3751.jpg

10月2日、秋風が心地よいソウルです。

ツブやきにも書きましたが、
先の週末は「中秋」=チュソクだったのですね。
ということで、土日月と3連休、店は徹底的に閉まってます。

でんでん知らずに飛んできてました。
なにせチケットが安い、という理由だけで。

正確には「知らずに」というより、「秋分の頃」と思い違いしていて、
終わったもんだと思い込んでました、アフォです。

http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-12-13 (チュソクのソウル)

韓国の「中秋」はお世話になった人へあいさつ回りがメイン、
中国では月餅(ゲッペイ)を食べ、お祝いしますね。

シンガポールでは「ムーン・ケーキ(月餅)・フェスティバル」ってのがあって、
各ホテルが今年の月餅のデコレーションNo1を競い合います。
これがなかなか楽しい。

日本では「旧暦」のお祝いはホトンド残ってませんからね。
ヘタしたら「旧暦」ってナニ?ってお国です。

IMG_3812.jpg
憧れの豪華宿泊券プレゼントキャンペーン!じゃらん

オリンピックからコッチ、
「嫌韓」やら「反中国」やらネット上ではトゲトゲしい風が吹いておりますが、
コチトラおかまいなしに飛んできてます。

ネット上の声とやらは、大概は現地を歩いたこともない人の意見でしょう。
それに流されて、自分の旅を取りやめてしまうような愚挙はなさらぬよう。
自分の目で見て、自分の足で歩いて、感じ取りましょうね。

同じ画面を繰り返すだけのTVニュースや、
煽るだけのネットの情報を鵜呑みにしちゃダメですよ。
自分の旅は自分で定めましょうね。

スマフォ(正確には「スマートフォン」なので、
「スマホ」ではないと思うのだがどうだろう?)や
タブレット端末が身近になり、便利になっているはずなのですが、
どうも日本国民が総じて「盲目化」しているような気がします。

これって震災のときと同じような現象だな、と思ったりもしてます。
あの時は「自粛」の嵐が吹き荒れていたような。
溢れ返っている情報に踊らされてはいけませんぜ。

さて、ソウル。

昼間はカラリとしたいい天気が続き、歩いていると汗ばむような陽気。
日が落ちるとグンっと冷えて、上着一枚ほしくなるような感じです。
これから来る方、羽織モノをお忘れなく。

IMG_3816.jpg
¥2,000クーポンもらえる!お得な旅行情報はenaメルマガで!オンラインでカンタン検索!

カフェもテラス席が人気、居酒屋も外飲みがニギヤカ、
コンビニの前のテーブルですら賑わっています。

みんな「短い秋」を楽しんでいるのかな。

怠惰な旅人は最近ますますなんにもせずに、
それらに紛れ、カフェで文庫本傾け、旅先の時間を味わってます。

時間をムダに旅の空、日本にいるよりナマケモノ。



↓ ワンクリックでランキングチェック!! ↓
にほんブログ村「海外一人旅」ランキング
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行